test

レストラン列車「丹後くろまつ号」、一新した春夏コース発売

2021年1月29日
編集部:長谷川 貴人

2021年1月29日(金)配信

「丹後くろまつ号」 2021年春夏コース(イメージ)

 京都丹後鉄道(丹鉄)を運行するWILLER TRAINS(寒竹聖一社長)は4月2日(金)から、運行ルートとコース内容を一新した「丹後くろまつ号」の春・夏コース2種類を運行する。運行期間は9月26日(日)まで。要予約制。

 運行開始に先駆け、2月1日(月)から丹後ホームページで順次申込受付を始める。絶景・食・文化・歴史など、さまざまな側面から丹鉄沿線の魅力を堪能できる“丹鉄FOOD EXPERIENCE”をコンセプトに、「丹後くろまつ号」でしか味わえない感動体験の提供をはかる。

 1つ目の「旅する伝説味わいコース」は、天橋立をモチーフに盛り付けたスイーツプレートと、丹後の伝承に登場する7人の姫君の“丹後七姫伝説”をテーマにした本格懐石料理を堪能できる。さらに、途中の天橋立駅で列車を降り、約1時間半も自由に散策できるなど、海の京都エリアをたっぷり満喫できるコースとなっている。料金は税込1万9000円。所要時間は約4時間30分。

 2つ目の「選べる丹後味わいコース」は、季節の食材をふんだんに使用したくろまつバーガーがメインの軽食プレートと、丹後産の旬のフルーツを味わえるスイーツプレートから好みの1品を選択できる。丹鉄沿線の絶景ポイント「奈具海岸」や「由良川橋梁」を車窓からゆったり堪能でき、気軽に楽しめかつ選べて嬉しいコースとなっている。料金は税込4500円。所要時間は約1時間。

 また、withコロナでも安心して観光列車に乗車できるよう、接客をするアテンダントは手袋、マスク、フェイスシールドの着用はもちろん、3密回避と衛生管理をはじめとした新型コロナウイルス感染症対策を徹底するとしている。

 各コースの定員は1コース当たり30人、現在は新型コロナウイルス感染症対策で20人までに制限している。運行日は、金、土、日曜・祝日の定期運航。なお、貸し切り運行は現在、受付停止としている。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---