test

下田ロープウェイロイヤルブルーの外観にリニューアル デザインは水戸岡氏

2019年8月1日
営業部:後藤 文昭

2019年8月1日(木) 配信

下田ロープウェイ「ゴンドラ」

 下田ロープウェイは8月1日(木)、寝姿山(静岡県下田市)で運行するゴンドラをリニューアルし運行を始めた。また、8月30日(金)には、東京急行電鉄が山頂にレストラン、観光交流施設「ザ ロイヤルハウス」を開業。両施設のデザインと設計は、伊豆観光列車「ザ ロイヤルエクスプレス」を手掛けた水戸岡鋭治氏が行った。

 下田ロープウェイのゴンドラは、外観を「ザ ロイヤルエクスプレス」のイメージと合わせ、寝姿山の木々の緑に映えるロイヤルブルーに塗装。内装も天然木を使った。

 「ザ ロイヤルハウス」の内装は、ゴンドラと同じく天然木をふんだんに使用し、各所には伝統工芸が散りばめられている。組子細工で囲まれた個室や、土壁で仕上げられた茶室からは、下田湾を望む美しい眺望が広がり、優雅な旅のひと時を過ごせる。

ザ ロイヤルハウスの内装

 またレストランでは、「ザロイヤルエクスプレス」の料理監修も務める、旬香亭の齋藤元志郎氏と古賀達彦氏がメニューを監修。伊豆ならではの海の幸や季節の野菜を生かした料理、生産地や製法などにこだわった飲料などが楽しめる。

THE ROYAL EXPRESS について

 8両編成、定員約100人の観光列車。客車、食堂車、キッチンカー、コンサート・結婚式・展示会などさまざまな活用が可能なマルチカーで編成されており、車両ごとにデザインが異なっている。

下田ロープウェイ 概要

開業日:8月1日

営業時間:午前8:45~午後4:45

※ 季節により変動あり

料金

往復乗車券:大人、1030円。子供、510円

定員:40人

全長:540㍍

高低差:156㍍

ザ ロイヤルハウス  概要

開業日:8月30日

営業時間:午前10:00~午後4:30

※下田ロープウェイの運行により変動あり

観光交流施設 サービス

タブレット端末貸出:

下田周辺地域の歴史・文化などの観光資源などの情報収集のほか 、 多言語での翻訳も可能。

VR(仮想現実)機器貸出:

河津桜など、 四季折々の観光地 周辺の映像 をリアルに体験 できる。

無料 Wi Fi

※各種サービスは、 準備が整い次第順次提供予定。

 

 

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---