test

出雲大社で着地型商品 「八足門」内特別参拝(TSKツアーデスク出雲)

2024年2月9日
関西支社:土橋 孝秀

2024年2月9日(金) 配信

出雲大社「八足門」内特別参拝のポスター

 山陰中央テレビジョン放送(田部長右衛門社長、島根県松江市)の旅行事業部門、TSKツアーデスク出雲は3月2日(土)から、同県出雲市の出雲大社で、「八足門(やつあしもん)」内特別参拝ツアーを始める。

 「八足門」内は正月三が日などの特別な日や、御祈祷を受けた人以外は入ることができないエリア。国宝の御本殿や楼門を間近に望み、大社のなかでも、とくに神聖な雰囲気が漂う場所だ。

 ツアーは当面、土・日・月曜日と連休につながる祝日に行う(神事や祭事日は除く)。出雲大社がある大社町内宿泊施設9軒に宿泊する個人・団体客が参加できる。「大社の湯 いにしえの宿 佳雲」を起点に、専任ガイドとともにめぐる。所要約100分。

 料金は1人5000円。未就学児は無料。宝物殿入場券と記念品が付く。各回定員30人。最少催行人員10人に満たない場合はツアーを中止する。個人客は各宿泊施設で前日午後5時までに申し込む。団体・グループ予約は催行日10日前までTSKツアーデスク出雲で受け付ける。10人以上の場合、旅行会社の販売手数料は10%。

 八足門内の特別参拝は島根県観光連盟の企画、一畑トラベルサービスの主催で2015年4月に始まり、多いときには年間4000人を集客するなど好評を博したが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い20年3月で終了した。観光需要回復とともに、再開を望む声が全国の旅行会社などから寄せられていることから、今回TSKツアーデスク出雲が出雲大社や地元関係者と調整し、設定した。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。