test

「宮古冬の味覚イベントリレー」展開中 24年3月3日「宮古毛ガニまつり」まで

2023年11月29日
編集部:増田 剛

2023年11月29日(水) 配信

毛ガニに扮した赤沼喜典氏(宮古観光文化交流協会事務局長)

 宮古観光文化交流協会(岩手県宮古市)は秋冬期の観光客誘客拡大を目的に「みやこ冬の味覚イベントリレー」を実施している。

 世界3大漁場の1つ、三陸・金華山沖の玄関口・宮古は年間を通じて美味しい魚介類が豊富で、秋冬期は収獲のピークを迎える。鮭や鮑、真鱈、早採りワカメ、そして毛ガニと続く。これに合わせてさまざまなイベントをリレー形式で展開している。

 11月26日には「田老鮭・あわびまつり」(田老野球場駐車場)を開催。12月3日には「宮古鮭まつり」(宮古市魚市場)が開かれる。

 さらに、2024年1月21日には「宮古真鱈まつり」(宮古市魚市場)と、「早採りわかめ『春いちばん』まつり」(シートピアなあど)を予定。3月3日には「宮古毛ガニまつり」(宮古市魚市場)が開催される。

 会場を訪れると「海産物5000円相当」など各種豪華プレゼントが当たる企画も用意されている。

 11月29日には、宮古観光文化交流協会の赤沼喜典事務局長が旅行新聞新社東京本社を訪れ、宮古市体験型グルメの「瓶ドン」や、1~3月に宮古市内の宿泊施設が展開する宿泊プラン「三陸ぜいたくざんまい」(いわて冬旅キャンペーン特別プラン)などを紹介。毛ガニに扮した赤沼氏は「これからの時期は宮古の食材がとても美味しい季節です。ぜひお越しください」とアピールした。

いいね・フォローして最新記事をチェック

“「宮古冬の味覚イベントリレー」展開中 24年3月3日「宮古毛ガニまつり」まで” への 1 件のフィードバック

  1. 一度は行って見たいと思っていたのですが日程がわかったので、前日泊まって毛ガニを食べたいです。宿泊は何処が良いですかね?

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。