test

野村不動産とJR東日本、新しい働き方提案 芝浦プロジェクト詳細発表

2022年6月3日
編集部:長谷川 貴人

2022年6月3日(金)配信

左からJR東日本の喜㔟陽一副社長、野村不動産HDの沓掛英二社長、松尾大作副社長

 野村不動産(松尾大作社長)と東日本旅客鉄道(JR東日本、深澤祐二社長)は5月23日(月)、共同で推進している国家戦略特別区域計画の特定事業である「芝浦プロジェクト」の計画詳細を発表した。同プロジェクトによって、都心の利便性と、眼前に広がる空と海を有する芝浦エリアならではの立地を生かし、「空と海、世界へひらかれたこの街で、新しい人と社会の未来をつくりだす」ことを目指す。

 同プロジェクトは、東京都港区の浜松町ビルディング(東芝ビルディング)の建て替え事業として、ツインタワーを建設する。区域面積約4.7ヘクタール、高さ約235メートル、延床面積約55万平方メートルのオフィス・ホテル・商業施設・住宅を含む、約10年間に及ぶ大規模複合開発。設計者に世界的建築家・槇文彦氏を迎え、東京湾岸部の新たなシンボルとして、国際ビジネス・観光拠点を目指す。

芝浦プロジェクト外観イメージ

 ツインタワーのS棟は2025年2月、N棟は30年度竣工予定。階数はS棟が地上43階、N棟が地上45階、いずれも地下3階建ての高さ約235メートルとなる。S棟の上層部にホテルとオフィス、N棟には住宅とオフィスのフロアを設け、両棟がつながる下層部に商業施設などを構成している。

用途構成

 オフィスフロアから眼前に空と海が広がり、タワーの足元に広がる芝浦運河と、旧芝離宮恩賜庭園から続く緑など自然を身近に感じられる。プロジェクトでは、都市の利便性と眼前に広がる空と海を有する芝浦エリアならではの立地を生かす。

 その一環として、東京での新しい働き方「TOKYO WORKation(トウキョウ ワーケーション)」を提案する。周辺環境を生かしたウェルビーイングなオフィス専有部や、快適に過ごせる共用部を設定。加えて、施設内のホテルや商業施設、さらに徒歩圏内のさまざまなスポットなどから、好みに合ったワークプレイスを選べる就業環境を用意する。

 さらに、地上約138メートル(28階)に位置するワーカー専用の「スカイラウンジ」も設け、働く人のパフォーマンスや従業員エンゲージメント向上につなげる計画とした。

ホテル「フェアモント」、S棟上層に25年度開業

浜松町ビルディングから撮影した建設中のS棟(5月23日現在)

 S棟の上層階には、フランスのアコーグループが手掛けるラグジュアリーホテルブランド「フェアモント」が日本へ初進出。ホテル名称を「フェアモント東京」として25年度に開業する。地域の歴史や文化に根差したゲスト体験を届け、ワーカーに対するサービス提供も検討。「TOKYO WORKation」の一翼を担う見込みだ。

 スイートを含む全219室の客室、3つのレストランとバー、スパ、フィットネスセンターなどを備える。

 同日に東京都内で行われた記者会見で、野村不動産ホールディングス社長兼グループCEOの沓掛英二氏は「東京湾岸部における最大規模の再開発。浜松町エリアは芝浦プロジェクトにより、日本を代表して世界へ発信できるまちに成長し続けると確信している」と力を込める。周辺の「ウォーターズ竹芝、東京ポートシティ竹芝、浜松町駅西口地区開発計画などとも連携し、浜松町エリア全体の活性化をはかる」と述べた。

 なお同日、事業主体の1つである野村不動産をはじめとする野村不動産グループ各社の本社を、25年2月に竣工を予定するS棟に移転するとあわせて発表した。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---