test

会津トラベルサービスがファム 絶景×美食で誘客 「ここでしか味わえない」旅

2021年10月25日
営業部:鈴木 克範

2021年10月25日(月)配信

手作りバターをのせて、山野辺シェフが仕上げを

 会津トラベルサービス(木村洋介社長、福島県会津若松市)は9月29日、南会津の雄大な高原牧場を会場に、1日限りのアウトドアレストランで食事を楽しむ、「『ここでしか味わえない』旬の旨味【絶景】×【美食】ファムツアー」を開き、マスコミや観光事業関係者ら15人が参加した。

 取り組みは会津バスが受託した観光庁の「地域の観光資源の磨き上げを通じた域内連携促進に向けた実証事業(福島県沖地震等の風評対策)」を活用したもの。アウトドアレストランツアー「Food Camp(フードキャンプ)」を手掛ける孫の手トラベル(山口松之進社長、福島県郡山市)が企画協力した。

 今回の舞台は那須連峰の麓、下郷町にある金子牧場。標高約700㍍の酪農に適した高原地帯で、乳牛48頭、ジャージー牛12頭を飼育している。なかでもジャージー牛の生乳は全国的に生産量が少なく、乳成分が高くミネラルを多く含むのが特徴だ。牧場長の金子正彦さん案内で牛舎見学をしたあと、体験メニューとして人気の「バター作り」を楽しんだ。

牛舎を案内する金子さん

 ツアーの目玉は、生産者と共に食卓を囲むことで得られる「食の感動体験」。手作りバターもランチを彩る素材の1つとなった。5品のコース料理は、銀座や葉山で腕を振るい、現在は下郷町でフランス料理レストランを経営する山野辺宏シェフが担当。地元で採れた松茸がふんだんに入ったスープや奥会津牛のローストなどを堪能した。山野辺シェフは「青空の下で料理を提供するのは新鮮。楽しみながら協力しています」と、顔をほころばす。

 企画を担当した会津トラベルサービスで着地型旅行を企画する渡部実係長は「地域の連携を深めることで深掘りしたコンテンツを開発し、観光誘客につなげたい」と意気込む。今回と10月に実施するファムツアーでの声を受け、中身をブラッシュアップさせたい考えだ。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---