test

海栄RYOKANS 開業40周年迎える 3月まで「大感謝祭」開催

2021年10月4日
関西支社:塩野 俊誉

2021年10月4日(月) 配信

40周年ロゴも作成

 愛知、三重、富山、愛媛、山梨で旅館を経営する海栄RYOKANS(渡邉玲緒社長、愛知県・南知多町)は今年10月に開業40周年を迎えることから、新たに開業40周年ロゴを作成した。各地の宿では10月1日から来年3月31日まで、「大感謝祭」と題して、さまざまな記念企画を実施する。

 40周年ロゴは、古来より日本で祝い事の贈り物などに用いられる水引のなかでも、1度結ぶと解くのが難しいことから「固く結ばれた絆」を意味する梅の花をかたどった「梅結び」をモチーフにデザイン。40周年を迎えることができたのは、お客との深い結びつきがあったからこそという感謝の気持ちと、今後もお客との絆、ご縁が続きますようにという願いが込められている。

 記念企画としては、10月1日から31日まで、松阪牛や伊勢海老、甲州牛などの地元名産品が当たる大抽選会を各グループ旅館で実施する。

 11月と1月、3月には、5地域13館の料理人がご当地会席料理で競う「料理対決宿泊プラン」を売り出す。同プランは、宿泊旅館で従来、提供される地元会席料理のほか、地域の異なる4館の会席料理も選べるユニークな企画。南知多「花乃丸」に宿泊の場合、「花乃丸」の会席のほか、松山「奥道後 壱湯の守」、伊勢「千の杜」、富山「つるぎ恋月」、蒲郡「ホテルたつき」の全5地域の会席料理から選ぶことができる。評価をした客には粗品がプレゼントされるほか、記念サービスとして山梨「甲府記念日ホテル」パティシエ監修のデザートも付く。

 このほか、“記念日には旅に出て祝う”という文化の醸成を目指し、今後は海栄RYOKANSとして「記念日コンシェルジュ」の育成に取り組む。「日本の宿おもてなし検定」取得支援のほか、独自の指標を策定し、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3制度を設定するなど、40周年を機に「記念日の宿」のおもてなしを強化していく。

 海栄RYOKANS では2017年に各館で休館日を導入したのをはじめ、外国人の雇用促進や食品ロスの削減など、SDGsに向けた取り組みも積極的に行っている。今年4月からは、全グループ旅館で施設近隣地域の清掃活動を定例化するなど、新たな取り組みも始めている。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---