test

NAA、国際線旅客数が20年度最高値に ビジネスの入国緩和で

2020年11月27日
編集部:木下 裕斗

2020年11月27日(金) 配信

田村明比古社長。3連休の国内線発着数が80%に回復したことを話した

 成田国際空港(NAA、田村明比古社長)が11月26日(木)に発表した2020年度10月の総発着数は、前年同月比57%減の9109回と大幅に減少したが、今年度の最高値となった。併せて、国際線は発着数が同53%減の7165回、旅客便は同79%減の3111回、旅客数が同96%減の11万8739人と最高値を記録し、徐々に改善傾向が見らる。

 14日間の待機期間中、限定された行動範囲でビジネス活動が可能となるビジネストラックや、駐在員の派遣や交代など長期滞在者を受け入れるレジデンストラックなどの入国緩和措置のスタートが増加したことが主な要因。

 このほか、国際線貨物便の発着回数が同83%増の3662回と過去最高となった。旅客便で運べる貨物量が減り、需要が貨物便に代替したことで、発着回数が増えた。

 総旅客数は同90%減の35万643回。国内線は旅客数が同61%減の23万1904人。発着回数は同55%減の1944回。

 田村社長は「空港は公共施設であるため、常に開けておく必要がある。コスト削減などで経営状況を改善したい」と力を込めた。

 同日に発表された11月1(日)~21日(土)までの発着回数は国際線が75・8%減の2495回。旅客数が96・5%減の3万3900人。国内線の葉着回数は45・6%減の1566回となった。

 併せて、11月21(土)~23日(月)の3連休における国内線の発着数が前年同期比80%に回復したことも公表した。

 田村社長は「需要は徐々に改善しているが、感染者数の増減で状況が変わるので緊張感を持って臨む」と意気込んだ。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---