test

10月1日、ホテル椿山荘東京で「東京雲海」の一般公開始まる

2020年9月25日
営業部:後藤 文昭

2020年9月25日(金)配信

庭園の4分の3を雲海で覆う

 ホテル椿山荘東京(東京都文京区)は10 月 1 日(木)、「東京雲海」を一般公開する。

 ノズルを用い雲や霧と同じ10~20㍈の細かい水の粒を均一に発生させることで作られる、日本最大級の霧の庭園演出。庭園全体の4分の3が雲海に包まれ、建物から庭園を見下ろすと幻想的な景色を望むことができる。

庭園内散策時には、霧に包まれ、幻想的な光景が楽しめる

 雲海の演出は朝、昼、夜の一日に数回(数分程度)行われる。天気や季節、湿度、風に影響され、見るタイミングによって異なった景色を生み出すという。

 庭園を散策している人が少ない早朝と深夜には、雲海の量を増やした大雲海を発生させる。

 両時間帯の大雲海が楽しめるのは宿泊者のみとなることから、部屋から大雲海を楽しめる宿泊プランも造成。このほか、ホテル内各レストランでの雲海をイメージしたディナーコースの提供や、期間限定スイーツの販売、野外ディナーイベントなども実施する。

 東京雲海は、ホテル椿山荘東京が同日からスタートする「庭園プロジェクト」の一環として行われる。

 同プロジェクトは開業70周年を迎える2022年に向けて進められるもので、現代技術を活用した演出と、受け継がれてきた想いを掛け合わせたさまざまな企画を実施。メインプロジェクトに、「椿山」復活プロジェクトを掲げている。

 ホテルが位置する場所周辺(東京都西北部目白台)は、江戸時代の地誌などによると、南北朝のころには既に椿が自生する景勝の地で、「つばきやま」と呼ばれていたという。ホテルではこの当時の「つばきやま」の景観の再現に挑戦するべく、1万本の藪椿を植樹。今年は1千本を植樹する。

 ホテル椿山荘東京はこのほか、同プロジェクトとして「千の光のライトアップ」や「聴蟲(むしきき)&時の鐘」やオーディオガイドの提供開始など、併せて6つの取り組みを展開

 。「千の光のライトアップ」は、2008年に開始した庭園のライトアップの12年ぶりのリニューアルで、木々を一本一本丁寧に1千灯の LED投光器でライトアップすることで、都会のイルミネーションとは一線を画したやさしい光で、庭園の魅力を映し出すという。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---