test

ビッグローブ、Withコロナ時代の旅の意識を調査 「自家用車の旅」や「少人数の旅」には寛容な姿勢も

2020年9月7日
編集部:木下 裕斗

2020年9月7日(月) 配信

 BIGLOBE(ビッグローブ)は9月7日(月)、「withコロナ時代のストレスに関する調査」を発表した。新型コロナウイルス感染拡大後の旅行に対する意識などを調べた結果、「自家用車の旅」や「少人数の旅」などへの寛容な姿勢が見えた。全国の20~60代の男女1000人を対象に実施された。

 「新型コロナの流行をきっかけに変化したこと」では、「健康に気をつかうようになった」(33・5%)との回答が最も多かった。次いで、「以前よりお金を使わなくなった」(23・5%)、「仕事のストレスが増えた」(23・1%)、「家庭のストレスが増えた」(20・9%)(複数回答)。

 「withコロナ時代においてどのような旅行なら問題ないと思うか」(複数回答)との問いには、「自家用車での旅」(38・2%)の答えがと約4割を占め、最多に。「少人数の旅」(33・0%)、「アウトドア・キャンプ」(21・5%)も上位にランクした。「在住都道府県内の旅」(20・5%)や、「近隣都道府県までの旅」(17・8%)とマイクロツーリズムに安心を感じる声も挙がった。

 一方で、約3割(29・0%)の人が「いかなる旅行も問題がある」との認識を示した。

 「withコロナ時代に旅行することは他者の目が気になるか」では、「気になる」が40・1%で、「少し気になる」は37・8%と8割近くが他人の目を気にしていることが分かった。「あまり気にならない」は12・9%で、「気にならない」が9・2%。

 「withコロナの状況下で躊躇すること」(複数回答)については、「マスクをしないでの外出」が62・0%で1位。2位は「大人数での外食」(59・4%)となった。3位以降は「つり革や手すりをつかむ」(47・0%)、「公共交通機関の利用」(45・5%)となり、公共交通機関の利用をためらう傾向が強い結果となった。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---