test

原作「サザエさん」の世界観を楽しむ 7月11日、長谷川町子記念館オープン

2020年7月9日
編集部:馬場遥

2020年7月9日(木) 配信

長谷川町子記念館外観

 長谷川町子美術館(東京都世田谷区)は7月11日(土)、長谷川町子生誕100年を記念して、「長谷川町子記念館」をオープンする。美術館の分館として収蔵作品を約1万点そろえ、日本初の女性漫画家である長谷川町子の作品の世界観や、同氏が生きた時代の雰囲気を楽しめるようなレイアウトとなっている。

展示内容

 1階の常設展示室は同氏の代表作である「サザエさん」、「エプロンおばさん」、「いじわるばあさん」の世界観を、データと書籍の両方で感じることができる。展示室右に配置された和室は、「サザエさん」原作漫画に登場する居間を再現した。四季によって室内の小物を変更し、季節感を感じてもらう。

 2階の展示室は、「町子の生涯」を紹介する常設展示と、年に4回企画される企画展示がある。現在の企画展は「長谷川町子の漫画創作秘話」を開催し、創作活動の裏側や込められた思いを、同氏ゆかりの品とともに紹介していく。期間は7月11日(土)~9月27日(日)まで。

 ロビーに併設されたショップでは、全75種類のカラーポストカードや、トートバッグなどのグッズを販売している。豆皿、お茶椀、アルミ弁当箱など、「サザエさん」の時代に使われたアイテムをイメージしたものもそろえる。

 カフェでは珈琲、紅茶、ほうじ茶、パパイアサイダーなどのドリンクを注文できる。飲食スペースに配置された同氏の作品を、お茶をしながら読んで楽しめる。

左:再現された「サザエさん」の居間、右:カフェスペース

記念館について

 開館にあたって川口淳二館長は、「長谷川町子が生きた時代は昭和であるが、同氏がテーマとして書き続けたのは『家庭と家族』。平成、令和の時代であっても、『サザエさん』や『長谷川町子』に触れていただき、家族の輪が広がれば」と来館するファンに対し、期待を語った。

 開業日は7月11日(土)。開館時間は午前10~午後5時半(受付締切午後4時半)。

 入館料は一般900円、65歳以上800円、大学生・高校生500円、中学生・小学生400円。美術館と記念館両方に入場できる。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---