test

コロナ禍終息後の反転攻勢へ Vpon JAPANがオンライン「インバウンドセミナー」開く 

2020年4月3日
編集部:入江千恵子

2020年4月3日(金) 配信

インバウンド(イメージ)

 インバウンドに特化したデータ提供事業などを展開するVpon JAPAN(篠原好孝社長、東京都新宿区)は4月3日(金)、ライブ配信の「インバウンドセミナー」を開いた。コロナ禍終息後の反転攻勢に向け、自治体とDMOが取り組むべき課題について説明を行った。

 「今すべきインバウンド対策 分析編」と題し、同社執行役員インバウンドデータ事業管掌の木ノ内宣行氏が登壇。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で各国が移動制限を行い、訪日客が激減している今こそ、①継続的な情報発信②戦略の見直し③観光資源の磨き上げ――が欠かせないとした。

 1つ目の継続的な情報発信について木ノ内氏は「中華圏の人やリピーターは、情報の感度の高い人が多い」としたうえで、「情報発信しない状況が続くと彼らからの信頼維持や、日本を渡航先として選んでもらうことが難しくなる。ポジティブな情報を発信し、『早く行きたい』という気持ちを醸成させることが大事」と述べた。

 2つ目の戦略の見直しは、コロナ終息後を想定してターゲットを改めて見直す機会だと語った。

 3つ目の観光資源の磨き上げは、「観光資源の問題点や課題点などを再度検討し、より魅力的な商品作りを行うのに良いタイミング」だとした。

 同社が提供できるデータには、戦略の見直しと準備を行うために必要な「現状把握」のためのデータがあるとし、訪日客の滞在や移動、インサイト分析のレポートなどの提供が可能だと説明した。

 木ノ内氏は「コロナ禍終息後は、世界規模で旅行客の獲得合戦が始まる」と予測。そのうえで、「日本に1番最初に戻ってくるのは近隣アジアのリピーター」と見込む。「終息後の反転攻勢に向け、すでに動き出している自治体もある」と述べ、現時点で準備することの重要性を語った。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 秋田(秋田県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 金沢(石川県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 八丈島(東京都)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 河口湖(山梨県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温---

    最低気温---

  • 神戸(兵庫県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 松江(島根県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 室戸岬(高知県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 高千穂(宮崎県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 石垣島(沖縄県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---