test

NAA、2月の発着回数は過去最高 国内線は7%増の59万人

2020年3月27日
編集部:木下 裕斗

2020年3月27日(金) 配信

田村明比古社長

 成田国際空港(NAA、田村明比古社長)が3月26日(木)に発表した2020年2月の航空発着回数は、前年同月比1%増の1万9687回、国内線の旅客数は同7%増の59万4466人とそれぞれ過去最高になった。下地島線などの新規就航のほか、福岡線と名古屋線などの増便、うるう年だったことが要因だ。

 一方、総旅客数は同15%減の286万166人。新型コロナウイルスの感染拡大で、国際線が大幅に減少した。

 航空発着回数のうち、国際線は同3%減の1万5195回、国内線は同17%増の4492回となった。

 総旅客数のうち、国際線の旅客数は同19%減の226万5700人。外国人旅客数は同35%減の89万4112人で、100万人以下の旅客数は15年11月以来となった。

 田村社長は「大変厳しい。外務省が全世界への不要不急の渡航を控えるよう要請したことで、これから先はさらに減少する可能性がある」と危機感を示した。

国内線は堅調に推移 3月発着数は3%増

 3月21日までの国内線発着回数の速報値は、前年同期比3%増となっている。旅客数も発着回数と同程度、堅調に推移している。

 一方、国際線の発着回数は同33・8%減少している。

 出国旅客数は同72・7%減。このうち、台湾線は同92・2%減の7000人、中国線が86・9%減の1万5300人、韓国線は92・5%減の9300人、香港線が同89・0%減の1万100人、韓国線は92・5%減の9300人と大幅に減少した。

 田村社長は「航空業界は存亡の危機に立たされている。手を携えて立ち向かうとき」と意気込んだ。

100億円規模の支援へ 航空など400社対象

 NAAは3―5月まで、航空会社や空港のテナントへの経営支援として、20億円の料金減免措置を講じる。

 料金減免の対象は航空会社のカウンターの使用料と、旅客手荷物取扱施設・搭乗橋の利用料金、リテール店舗のテナント料。減免額は料金の20%。総額20億円程度を見込む。

 80億円規模の着陸料と停留料の猶予措置も検討している。

 同社は過去に東日本大震災や同時多発テロの際、同様の措置を講じたが、今回の支援は過去最大の規模となる見込み。

 田村社長は「関係各所と団結して、運航便の回復、航空会社の経営環境の正常化をはかってほしい」と語った。

 一方、同社の収支が悪化する見込みであるため、国土交通省に対して、初めて支援を求めた。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温12℃

    最低気温6℃

  • 秋田(秋田県)

    曇り

    曇り

    最高気温19℃

    最低気温13℃

  • 金沢(石川県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温23℃

    最低気温14℃

  • 八丈島(東京都)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温25℃

    最低気温19℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温21℃

    最低気温9℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温25℃

    最低気温17℃

  • 松江(島根県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温26℃

    最低気温12℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温23℃

    最低気温18℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温27℃

    最低気温14℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇り

    曇り

    最高気温28℃

    最低気温24℃