test

インテリックス、ホテルと住民で活性化 交流仕掛けるホテルがオープン

2019年12月11日
編集部:木下 裕斗

2019年12月11日(水) 配信

ホテル外観

 中古マンションを改修・販売するインテリックス(山本卓也社長、東京都渋谷区)は2020年1月下旬、東京都台東区の鶯谷に訪日客向けホテル「LANDABOUT(ランドアバウト)」をオープンする。内装は東京・谷中エリアを中心に、民家改修でまちづくりを推進するHAGI STUDIOが仕上げた。宿泊客と地域住民が交流できる鶯谷の新しい拠点にしたい考えだ。

 コンセプトは「国内外を問わず多様な人々が利用する身近で新しい出会いの場」。宿泊客をはじめ、地元住民にも利用してもらうため、交流を促す仕掛けを取り入れる。

 レストランは地元住民が気軽に入れるように、パブリックなものとして地域に開く。コーヒースタンドやスタンドバーを備える。レストランの料理は、小分けし、共有できるように配慮する。上映会やコンサートを実施できる設備を導入し、地域住民を巻き込んだイベントを実施する。 

 同ホテルには地域の観光情報を案内する「コミュニティーマネージャー」が常駐する。コミュニティーマネージャーは地域の観光情報を集めるほか、おすすめコースなどを提案する。

 俊成誠司副社長は12月11日に開いた発表会で「メインターゲットは訪日客になる。利用全体の7割程度を見込んでいる」と増加する訪日需要を取り込みたい考えを示した。

俊成副社長

 ホテルの従業員は外国語を話せる人材を採用する。12月11日時点で、英語や中国語、韓国語などを話せるスタッフを雇っている。今後はホテルでの対応言語を増やしていく方針。

 同社一押しの客室はテラス付きで、部屋から東京スカイツリーを見ることができるDXツイン。このほか、同ホテルでは大人数での利用に対応するため、部屋をつなぐコネクティングドアも採用する。同機能は部屋の一部の壁をドアにすることで部屋をつなげることができる。

DXツイン。テラス付きで東京スカイツリーを見ることができる

 客室数は全169室。価格は1人4千~8千円(税別)を想定している。アクセスは鶯谷駅から徒歩で約3分または入谷駅から徒歩5分ほどとなっている。同社のホテル事業は3軒目となる。客室稼働率は80%以上を目指す。

 山本社長は「我われとホテルの利用者、地域住民と一緒になって地域を活性化していきたい」と意気込みを述べた。

山本社長

 

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---