test

KNTーCT、営業利益120%増に GW特需と前期の反動で大幅増

2019年11月18日
編集部:入江千恵子

2019年11月18日(月) 配信

KNT-CTの経理部担当の中村哲夫常務

 KNT-CT(米田昭正社長)は11月12日(火)、2020年3月期の第2四半期(19年4月1日―9月30日)の決算を発表した。営業利益は、前年同期比120.9%増の33億7300万円と、当初の見込みから10億円の増益となった。

 大幅な増益の要因として、経理部担当の中村哲夫常務は同日の会見で、「ゴールデンウイーク特需のほか、クラブツーリズムにおいてテーマ型商品への移行とWebへのシフトで利益率が改善した」と説明した。

 売上高は同3.6%増の2150億6900万円、経常利益は同98.4%増の33億9500万円、当期純利益は同24.4%増の20億5500万円。

 GWの個人旅行商品が海外、国内ともに好調だったほか、前期の自然災害による減収・減益による反動もみられた。

 CTは取扱高のうちWebのシェアが33%(前年同期比2%増)まで上昇。Webへの移行が順調に進んでいる。あわせて、同社が発行する総合旅行情報誌「旅の友」の印刷部数減少により、経費削減につながった。

 国内旅行においては、東京2020オリンピック公式観戦ツアーの販売を開始。人気のオンラインゲームとのコラボツアー催行など、新たな需要の掘り起こしも行った。

 海外旅行はシニア女性を対象とした大人の「プチ留学」ツアーなど、独自性・テーマ性に富んだツアーを実施した。

 教育旅行は、旅マエから旅アトまでを包括的にサポートするシステム「旅ともプラス」を9月から稼働。他社との差別化につながっている。

 一方で懸念要因もある。終息の兆しが見えない香港情勢に伴い、香港の予約状況は韓国よりも深刻さを増している。前年の2割程度まで落ち込み、「なかなかツアーが出ない状況」(中村常務)が続いている。

 10月に東日本エリアに甚大な被害をもたらした台風19号による取消額は、「売上高で30億円、利益では7億円ほどの見込み」(同)と述べた。

 なお、20年3月期の通期連結業績予想は、売上高は前期比2.6%増の4225億円、営業利益は同38.2%増の35億円、経常利益は同27.0%増の36億円、当期純利益は56.4%増の20億円に設定している。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴れ

    晴れ

    最高気温2℃

    最低気温-8℃

  • 秋田(秋田県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温7℃

    最低気温2℃

  • 金沢(石川県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温10℃

    最低気温2℃

  • 八丈島(東京都)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温13℃

    最低気温10℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇り

    曇り

    最高気温6℃

    最低気温-1℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇り

    曇り

    最高気温10℃

    最低気温6℃

  • 松江(島根県)

    曇り

    曇り

    最高気温11℃

    最低気温2℃

  • 室戸岬(高知県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温10℃

    最低気温8℃

  • 高千穂(宮崎県)

    曇り

    曇り

    最高気温9℃

    最低気温1℃

  • 石垣島(沖縄県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温20℃

    最低気温16℃