test

JTB、増収増益で当期は黒字転換 ラグビーW杯など大型イベントが利益貢献

2019年11月19日
編集部:入江千恵子

2019年11月19日(火) 配信

JTBの取締役兼常務執行役員財務部長の小林高広氏

 JTB(髙橋広行社長)が11月15日(金)に発表した2019年4~9月期の連結決算によると、ラグビーW杯など大型イベントの利益貢献が大きく、増収増益となった。欧州の構造改革による人件費減少など、経費改善に効果が表れ始めたこともあり、当期純利益は44億円(前年同期は11億円の損失)と、黒字に転換した。

 売上高は前期比0.4%増の6860億円、営業利益は同68.7%増の64億円、経常利益は同59.6%増の69億円と黒字幅を拡大した。

 同社の取締役兼常務執行役員財務部長の小林高広氏は同日の会見で、「MICEやインセンティブ、プロモーションなどの企業活動や、(GWの)個人需要にけん引された」と分析した。

 主要セグメント別にみると、個人事業の売上高は3540億円(同1.8%増)、営業利益は44億円(同15.8%増)と増収増益。GWの10連休効果に加え、長距離の欧州方面などが堅調に推移した。

 法人事業の売上高は1958億円(同3.1%増)、営業利益は9億円(同18.2%減)と大型イベント関連やMICE事業の拡大などにより増収となった。一方で、重点投資領域へのビジネス開発投資や、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への先行投資などにより減益。

 グローバル事業の売上高は969億円(同10.7%減)、営業損失は24億円(前年同期は28億円の損失)となった。海外MICE事業の苦戦により減収したが、人件費縮小やのれん償却費の軽減などにより、損失額の縮小をはかった。

 部門別の売上高は国内旅行が2656億円と前年同期から3億円減収。うち企画商品はエースなどの落ち込みがあり同4%減少したが、団体は大型イベントの国内輸送が増加したことから同6%増加した。海外旅行は同12億円減収の2384億円、訪日旅行は同46億円増収の376億円となった。

 19年度通期の見通しについては、売上高1兆3500億円、経常利益90億円、経常利益100億円、当期純利益54億円の見込みで、従来からの変更はない。一方で下期に被害を受けた台風19号の取消額は、60億円規模にのぼると見られる。ハワイのMICE事業の不調や欧州のDMCにおける収益改善の遅れなど、懸念材料があることも示唆した。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴れ

    晴れ

    最高気温2℃

    最低気温-8℃

  • 秋田(秋田県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温7℃

    最低気温2℃

  • 金沢(石川県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温10℃

    最低気温2℃

  • 八丈島(東京都)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温13℃

    最低気温10℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇り

    曇り

    最高気温6℃

    最低気温-1℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇り

    曇り

    最高気温10℃

    最低気温6℃

  • 松江(島根県)

    曇り

    曇り

    最高気温11℃

    最低気温2℃

  • 室戸岬(高知県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温10℃

    最低気温8℃

  • 高千穂(宮崎県)

    曇り

    曇り

    最高気温9℃

    最低気温1℃

  • 石垣島(沖縄県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温20℃

    最低気温16℃