test

JR東日本、海外に初出店 2021年台湾に「ホテルメトロポリタン プレミア 台北」開業

2019年11月7日
営業部:後藤 文昭

2019年11月7日(木) 配信

ホテルメトロポリタン プレミア 台北として利用するビル

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は2021年、台湾台北市に富裕層向けホテル「ホテルメトロポリタン プレミア 台北」を開業する。同社の海外への出店は初めて。メトロポリタンブランドに、ラグジュアリーブランド「東京ステーションホテル」のエッセンスをブレンドし、ハード、ソフト両面でより上質なホテルを目指す。

 ホテルは台北市街の中央にあり、観光・ビジネスの玄関口となる台北市の松山空港まで車で約10分、MRTの2路線(松山新店線、文湖線)が接続する「南京復興駅」(松山空港駅から2駅)に隣接するなど利便性の高い場所に位置している。

 ホテルが面する南京東路周辺にはビジネス街が広がり、南側には観光目的の旅行者に人気の遼寧夜市もある。また、日本からの観光・レジャー目的の旅行者に人気の中山エリアや信義エリアへのアクセスも良いことから、ビジネスや観光など幅広いニーズでの宿泊を想定している。

 建物は、「ウェスティン台北」として使われていたビルをリノベーションして使用。部屋数は全288室で、レストランや宴会場、プール、スパなどを設ける。

 JR東日本は台湾に初出店する理由を「親日的な国で、政治不安がない」ことと、「18年の訪台日本人の数が約197万人あった」ことと説明する。また、メトロポリタンホテルズやホテルメッツなどの同社のブランドを海外で浸透させることで、国内インバウンド市場の競争力を高めることも狙いで、今後も台北都市圏を中心に、今回設立した合弁会社によるホテル開業を目指していく考えだ。

 なおホテルの運営は、今回の出店に合わせJR東日本グループ会社の台灣捷爾東事業開發股份(たいわんジェイアールひがしじぎょうかいはつこふんゆうげんこうし)と日本ホテルが、福康投資股份有限公司(ふっこうとうしこふんゆうげんこうし)と設立した合弁会社の捷福旅館管理顧問股份有限公司(ジェイフーりょかんかんりこもんこふんゆうげんこうし)が担う。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温4℃

    最低気温-4℃

  • 秋田(秋田県)

    雨時々雪

    雨時々雪

    最高気温12℃

    最低気温4℃

  • 金沢(石川県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温15℃

    最低気温8℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温20℃

    最低気温14℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温14℃

    最低気温1℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温15℃

    最低気温8℃

  • 松江(島根県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温15℃

    最低気温5℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温16℃

    最低気温10℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温17℃

    最低気温---

  • 石垣島(沖縄県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温26℃

    最低気温20℃