test

HIS、金融業に本腰 澤田会長兼社長「大きな柱に育てたい」 5年で利用者100万人目指す

2019年5月15日
編集部:平綿 裕一

2019年5月15日(水) 配信

スマホのアプリで簡単に

 エイチ・アイ・エス(HIS)はテーマパーク事業やホテル事業に続き、金融業に本腰を入れる。5月14日(火)に会見を開き、ATM手数料無料などの新たな銀行代理業関連サービスを7月ごろに始めると発表した。澤田秀雄会長兼社長は同日の会見で、「大きな柱に育てたい」と意気込んだ。ブランド名は「Fimple(フィンプル)」。初年度で2万口の口座、5年で利用者100万人を目指す。

 同社と子会社のHIS Impact Finance(東小薗光輝社長)、GMOあおぞらネット銀行(金子岳人会長)の3者で協業する。すでに今年3月、同行を所属銀行とする銀行代理業の許可を子会社が取得している。

(左から)澤田秀雄会長兼社長、東小薗光輝社長、金子岳人会長

 同日に先行申込受付を始め、7月に銀行代理業関連サービス「フィンプルバンク」を試験的に開始。9月に本格的に提供し、10月から順次サービスを拡充する見通し。

 来春には、旅行代金を後払いできる「旅行お帰り払い」といった個人向けのプランも提供する見通し。このほか修学旅行などの積立口座、旅行時の外貨預金や両替、実習生向け金融インフラサービスなどを始める予定だ。

 提供はネット銀行のカタチをとる。スマートフォンのアプリ上で、預金や振込、出入金履歴など各種サービスができるようにする。サービス利用基本料、振込・ATM入出金の手数料は実質無料となる。

 実際にかかるはずの手数料などのコストは同行が一旦負担し、同事業による将来的な収益からまかなう方向で、現在は協議している。一方、金子会長は「これまでとは異なる顧客へアプローチできる」と、HISグループとの連携に関する同行のメリットを語った。

 世界ではすでに動きが出ている。ドイツ発の「N26」という会社は、基本サービスや手数料が無料だ。アメリカ発の「Simple」という会社も基本サービスは無料。収益は、同社が所属銀行の運用益をシェアするカタチをとっているという。2、3年後にはこのような流れが国内にも入ってくることを見越し、先手を打ちたい考え。

澤田秀雄会長兼社長

 澤田社長は「時代の大きな変化なかで、金融業も大きく変わっていく。これはチャンスだし、HISとシナジーがある。まずは銀行代理業だが、将来的には銀行の免許を取りたい。10年ほどかけて、現在のHISと同等の収益を、金融業単体で上げていきたい」と展望を語った。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴れ

    晴れ

    最高気温26℃

    最低気温14℃

  • 秋田(秋田県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温26℃

    最低気温16℃

  • 金沢(石川県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温26℃

    最低気温17℃

  • 八丈島(東京都)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温21℃

    最低気温18℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温17℃

    最低気温9℃

  • 神戸(兵庫県)

    雨

    最高気温24℃

    最低気温19℃

  • 松江(島根県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温26℃

    最低気温20℃

  • 室戸岬(高知県)

    雨

    最高気温21℃

    最低気温17℃

  • 高千穂(宮崎県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温27℃

    最低気温19℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温31℃

    最低気温27℃