test

民泊の認知は98・3%に、エアトリが調査

2018年10月29日(月) 配信

エアトリ(吉村英毅社長、東京都新宿区)がこのほど、10~70代の男女838人を対象に実施した「民泊」に関する調査によると、98・3%が「民泊」を知っていると答えた。6月に「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が施行されたことなどから、認知度が高まっているとみられる。一方、利用経験者は全体の20・4%と2割に留まった。

 利用経験者に頻度や場所を尋ねた設問では、「2~4回」が50・3%、「5~9回」か9.4%、「10回以上」が9.9%と、7割以上の人が複数回民泊を利用したことがあると回答した。また、利用した場所では「海外」が43・9%、「国内・海外の両方」が19・3%と、民泊利用経験者のうち、6割以上が海外での利用経験があることが分かった。

 民泊を最初に利用したきっかけは、「友人や知人に勧められて/誘われて」が49%と最も多く、次いで「安く泊まれる宿泊施設を探して」が24%。民泊を初めて利用した際に重視したポイントは、「価格」が75%と最多で、次いで「立地」が71%、「安全性」が39%の順となった。

 今後の「民泊」に対する利用意向については、利用経験者の58%が「今後も利用しようと思う」と回答。全体でも34%が今後「利用しようと思う」と答え、「民泊」への関心がうかがえる結果となった。

 なお、民泊を利用した感想では 「紅葉時期の京都は、どこも満員でホテルが取れない状況なので、民泊があり助かった(50代/女性)」「長期滞在の場合、キッチンやランドリーが使え便利(40代/女性)」「普段見る機会がない、その国の人が住む家を見ることができるのも楽しみの1つ(30代/女性)」などが寄せられた。反面、課題としては、事前のやりとりへの不便さやセキュリテ・衛生面への不安、情報の少なさなどが挙げられた。

 ■調査概要

調査タイトル         :「民泊」に関するアンケート調査

調査対象               :10代~70代の男女838人

調査期間               :2018年10月11日~10月16日

調査方法               :インターネット調査

調査主体               :株式会社エアトリ

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇り

    曇り

    最高気温---

    最低気温---

  • 秋田(秋田県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 金沢(石川県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 八丈島(東京都)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 河口湖(山梨県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 神戸(兵庫県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 松江(島根県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 室戸岬(高知県)

    雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 高千穂(宮崎県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 石垣島(沖縄県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---