test

インバウンド伸び率トップは大分県、11県で40%以上の増加 (観光庁・宿泊旅行統計調査)

2018年8月7日
編集部:謝 谷楓

2018年8月7日(火) 配信

インバウンド宿泊者(増加率)の推移比較(大分県・香川県は、今年と昨年の伸び率トップ)

7月31日(火)に発表された宿泊旅行統計調査(観光庁)によると、2017年の外国人宿泊者数は7969万人。前年と比べ14・8%の増加となった。伸び率トップは大分県(67・7%増)。延べ宿泊者数では、東京都が1978万人(9・5%増)で1位となったが、伸び率は振るわない結果に【上図参照】。11県で伸び率が40%超えしたものの、東京都を含む3大都市圏はランクインしていない。

 【図】では、今年・昨年の増加率トップである大分県と香川県をピックアップ。東京都・全国値と比較した。大分県と香川県は昨年と比べ、30~60%アップしたが、東京都・全国値は9~14%に留まった。東京都や大阪府を含む3大都市圏の伸び率は12・3%。シェアは6割に及ぶため、全国値の低迷は大都市圏によるところが大きい。大都市圏を構成する8地域のうち、4都県(千葉県・埼玉県・東京都・神奈川県・愛知県)が1ケタ台に留まった。

 その3大都市圏を除く地方部の伸び率は、18・7%、3年連続で大都市圏を上回った。シェアは未だ4割ほどだが、伸び率が1ケタ台・マイナスとなったのは10県のみ。29県が前年と比べ10%以上伸び、うち11県が同40%以上の増加を記録した。

 なお、伸び率が1ケタ台だった地方部は、茨城県(2・7%増)と栃木県(7・7%増)、長崎県(7・4%)。岐阜県と静岡県、三重県、滋賀県、和歌山県、島根県、がマイナスに。高知県は横ばい。伸び率トップ11は以下の通り。

伸び率トップ11(40%増以上の県)

順位 都道府県 伸び率
1位 大分県 67・7%
2位 青森県 62・5%
3位 福島県 65・2%
4位 秋田県 56・3%
5位 岡山県 55・8%
6位 熊本県 55・7%
7位 鹿児島県 54・7%
8位 佐賀県 54・3%
9位 徳島県 48・0%
10位 岩手県 42・3%
11位 鳥取県 40・1%

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温20℃

    最低気温12℃

  • 秋田(秋田県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温24℃

    最低気温18℃

  • 金沢(石川県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温28℃

    最低気温18℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温29℃

    最低気温24℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温25℃

    最低気温15℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温28℃

    最低気温21℃

  • 松江(島根県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温29℃

    最低気温18℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温26℃

    最低気温22℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温28℃

    最低気温16℃

  • 石垣島(沖縄県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温31℃

    最低気温26℃