test

トリップアド 宿泊施設向けに新たな広告枠を導入 見込み客を獲得へ

2018年4月12日
編集部:平綿 裕一

2018年4月12日(木) 配信 

施設の露出度を拡大し、見込み客へアピール

 

トリップアドバイザーはこのほど、宿泊施設向けの新たな広告方法「スポンサー提供枠(英:Sponsored Placements)」の正式導入を発表した。旅行者が同サイトを通じて予約を検討する際に、露出度の高い広告を打つことで見込み客を獲得しやすくする。

 最近の「購入までの過程」調査*¹によると、世界中のオンライン旅行購入者の60%がホテルを予約する前に同サイトを利用した。「トリップアドバイザーは旅行の予約前に最もよく利用されるサイトで、重要なマーケティングプラットフォームになっている」(同社)。施設の写真などを見て決めるように、口コミを見て施設を選ぶことが旅行者に浸透している。

 今回の導入に先立ち、ベータ版を3カ月間提供した。1万軒を超える施設オーナーがスポンサー提供枠を利用し「5500を超える旅行先で幾千件ものセルフサービス広告が掲載された」(同社)と自信をみせる。実際に導入したホテルからは、40日間で直接予約が20%増えたとの報告があった。

 スポンサー提供枠は、月額のクリック単価予算を3つのオプションから選べる。施設のオーナーは予算の上限を設定でき、近日中には予算額を自由に設定できる機能を導入予定だという。スポンサー提供枠によるセルフサービス広告は自動的に表示される。対象は、該当地域に関連する宿泊施設を検索する確度の高い見込み客。セルフサービス広告が獲得したクリック数に対してのみ、課金していく仕組みだ。

 同社のB2Bプロダクト&マーケティング、バイスプレジデントを務めるマーティン・ヴァードンロー(Martin Verdon-Roe)氏は、「旅行者が旅の計画や予約をするとき、トリップアドバイザーはインスピレーションを与え、購入、および決定の段階で影響力のある役割を果たす。このことを踏まえ、弊社では購入までの過程のこの重要な段階で、宿泊施設のオーナーが見込み客にアピールできるようスポンサー提供枠を開発した」とコメントした。

スポンサー提供枠:

*1:コムスコアによる世界における購入までの過程調査(トリップアドバイザーが委託、 2017年)

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温---

    最低気温---

  • 秋田(秋田県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 金沢(石川県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温---

    最低気温---

  • 八丈島(東京都)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温---

    最低気温---

  • 河口湖(山梨県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 神戸(兵庫県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 松江(島根県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温---

    最低気温---

  • 室戸岬(高知県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温---

    最低気温---

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温---

    最低気温---

  • 石垣島(沖縄県)

    曇り

    曇り

    最高気温---

    最低気温---