test

地域に稼ぐ力を! JTB×古河市 はなももアロマ商品開発へ

2018年2月21日
営業部:鈴木 克範

2018年2月21日(水) 配信

はなもも・・古河城主が育てさせたのが古河のモモの始まりといわれる。

JTBグループのJTB関東と茨城県古河(こが)市は、古河市の花でもある「はなもも」を活用したアロマ商品開発事業を行う。

 桜やバラ、ひまわりなど以前から親しまれている花とともに、近年ではラベンダー、ネモフィラ、はなももなどにも多くの観光客が観賞に訪れるようになり、「花」に対する観光資源としての価値は高まっている。一方、花の命は短いことから、期間限定の観光資源という課題もある。今回は「はなもも」を期間限定の観光資源から持続的な地域資源に変えることが出来れば、地方創生につながるとの思いから事業化に取り組む。

期待される効果

・開花時期に限らず、1年を通じて「はなもも」を楽しんでもらう機会を創出
・市の花を活用した特産品開発による古河市の認知向上
・視覚のみならず嗅覚による古河市のPR
・間接的経済効果(花見)から直接的経済効果(商品化)へ稼ぐ力をつける

「低温真空抽出法」を採用

 水やその他の溶媒を使わず低温真空状態で芳香成分を抽出する、最新かつ効率の高い抽出法を採用する。庫内を減圧して真空状態にすることで沸点が下がり、35度前後の低温で液体成分を抽出。低温抽出は植物原料が持つ効果効能を高く保持でき、従来の抽出法では叶わなかった水や熱に弱い成分も抽出可能に。水などを加えない100%由来の優れた液体成分は、精油とも芳香蒸留水とも明らかに異なることから「次世代アロマ」と呼ばれている。
 10 ㌔の植物原料から約8㌔の液体成分が抽出できることから、量産可能な商品開発の検討も可能になる。
 本事業は、第1回地方創生EXPO(2月21日(水)~23日(金)、会場:幕張メッセ)のJTBブースでも紹介する。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温20℃

    最低気温12℃

  • 秋田(秋田県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温24℃

    最低気温16℃

  • 金沢(石川県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温26℃

    最低気温21℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温27℃

    最低気温24℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温25℃

    最低気温15℃

  • 神戸(兵庫県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温28℃

    最低気温24℃

  • 松江(島根県)

    晴時々雨

    晴時々雨

    最高気温27℃

    最低気温21℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴時々雨

    晴時々雨

    最高気温29℃

    最低気温24℃

  • 高千穂(宮崎県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温29℃

    最低気温21℃

  • 石垣島(沖縄県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温32℃

    最低気温27℃