test

岡田美術館「田村一村」展を貸切で クラツーが限定ツアー

2018年2月9日
編集部:後藤 文昭

2018年2月8日(木)配信

田中一村「熱帯魚三種」昭和48年(1973)岡田美術館蔵 c 2017 Hiroshi Niiyama

奄美を愛した孤高の画家、田村一村の世界を辿る――。クラブツーリズムは4月5日(木)、岡田美術館『初公開 田中一村の絵画』開幕前日貸切鑑賞会」を開催。現在関連ツアーを売り出している。

   田中一村は、50歳で鹿児島県・奄美大島に移住し、亜熱帯の植物や鳥などを題材に生命力あふれる新しい日本画の世界を切り拓いた日本画家。展覧会では岡田美術館所蔵の作品5点を初公開するほか、東京美術学校の同級生・東山魁夷や、画風や生き方に共通点が多く指摘されている伊藤若冲らの関連作品も併せて展示される。クラブツーリズムは特別展開催日の前日に、岡田美術館を特別に終日貸切とし、美術館内で実施する講座付きツアーや箱根の美術館を巡るツアーなどと組み合わせた商品を造成。3月4日(日)には、クラブツーリズム本社で岡田美術館の学芸員による「みどころ講座」(参加費無料)を開催する。

岡田美術館「田中一村展」貸切鑑賞会(例)

開催日:4月5日(木)

旅行代金:1人、1万5800円(日帰りバスツアー)

行程:

首都圏各地発→【午前】岡田美術館(貸切鑑賞)・昼食→【午後】箱根ガラスの森美術館・秩父宮記念公園 →各地着

問い合わせ先:

クラブツーリズム株式会社 首都圏バス旅行センター

TEL: 03-5998-2233 (月~土曜日 午前9:15~午後5:30/日曜・祝日 休 )

※他プランなどは特集ページまで。

 

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP