test

新千歳空港への新搭乗スタイル誕生!「ANA FAST TRAVEL」導入

2017年10月31日
編集部

2017年10月31日(金) 配信

スムーズな搭乗が可能に

ANAは2017年11月8日(水)に、新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を新千歳空港に導入する。新搭乗スタイルの誕生で、空港に到着してから搭乗するまでの流れが、よりシンプルで分かりやすく、スムーズに行えるようになる。

  出発カウンターのレイアウト変更とデザインリニューアルや、プレミアムチェックインカウンターのリニューアルを行うことによって、空港における手続きの極小化、待ち時間の抑制、分かりやすい導線の提供を行っていく。 

出発カウンターのレイアウト変更とデザインリニューアル

 出発カウンターのレイアウトを変更し、自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」や自動チェックイン機を集約して配置することにより、特定のカウンターの混雑を防ぎ、待ち時間の削減を実現する。

 また、搭乗手続きや手荷物の預かりなどの表示を、出発するすべての旅行者に一目でわかるよう、大きな文字やピクトグラムを活用したデザインに変更する。

 加えて、空席待ちカウンターを出発カウンターから搭乗ゲートエリアへ変更。有人カウンターで手荷物を量る重量計を床と同じ高さにすることで手荷物を置きやすくするなど利便性の向上をはかっていく。

自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」サービス、インライン・スクリーニング・システムの導入

  よりスムーズに出発前の手荷物を預けることができる「ANA Baggage Drop」を、羽田空港に続き新千歳空港にも10台導入する。

 同サービスは旅行者自身が手荷物を自動手荷物預け機のなかに入れ、表示される操作案内に従い、預けを完了させることができる手荷物自動受託サービスだ。

 海外の旅行者にも利用してもらえるよう、日本語、英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語の4カ国語の案内を用意した。

 また、これまでは手荷物を預ける前にX線検査機による安全性検査を実施していたが、有人カウンターや「ANA Baggage Drop」で手荷物を預けたあと、飛行機に搭載されるまでに自動的に検査される「インライン・スクリーニング・システム」を導入し、待ち時間の短縮を実現する。

「Special Assistanceカウンター」

 身体の不自由な旅行者、子供連れなど、搭乗時に手伝いが必要な旅行者が利用できる「Special Assistanceカウンター」を中央保安検査場付近に設置。利便性を高め、車イスやベビーカーで利用する際の快適性を考慮した素材にし、ユニバーサルデザインに配慮したサービスを提供していく。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇り

    曇り

    最高気温16℃

    最低気温12℃

  • 秋田(秋田県)

    曇り

    曇り

    最高気温21℃

    最低気温15℃

  • 金沢(石川県)

    曇り

    曇り

    最高気温24℃

    最低気温18℃

  • 八丈島(東京都)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温26℃

    最低気温22℃

  • 河口湖(山梨県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温15℃

    最低気温13℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温25℃

    最低気温20℃

  • 松江(島根県)

    曇り

    曇り

    最高気温23℃

    最低気温20℃

  • 室戸岬(高知県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温24℃

    最低気温19℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温25℃

    最低気温15℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇り

    曇り

    最高気温32℃

    最低気温27℃