No.476 べっぷの宿ホテル白菊 オペレーションも個人化に対応

2017年11月1日
編集部

2017年11月1日(水) 配信

 高品質のおもてなしサービスを提供することで、お客様の強い支持を得て集客している宿の経営者と、工学博士で、サービス産業革新推進機構代表理事の内藤耕氏が、その人気を探っていくシリーズ「いい旅館にしよう!Ⅱ」。第16回は、大分県・別府温泉の「べっぷの宿ホテル白菊」の西田陽一社長と、取締役の緑・若女将が登場。早い時期から個人化の流れを意識して、料理の1品出しなどのオペレーションが定着していた同館。さらなる生産性向上の取り組みを探った。

【増田 剛】

西田社長:祖父が1920(大正9)年に別府で陶器の店を始めました。当時別府港から多くの観光客が訪れていたので、最も栄えていた流川通りにカフェー「サロン・ツルミ」を開業しました。1階がカフェーやバー、2階にダンスホールを備え、同じ敷地に小さな旅館も経営していました。

 流川通りから別府駅前に移って、5階建てのキャバレー「ボンツルミ」を始めました。50人規模のバンドが地下からステージに上がってくるなど盛大にショーアップし、ホステスも100人ほどいました。宴会場や会員制クラブなどもあって人が集まり、のちに大分市にも同じような店舗を開業しました。

 57(昭和32)年に中島造船所の保養所の土地を買って4階建ての白菊荘を建てました。

 その後、祖父と父が73(昭和48)年に12階建てのホテル白菊を開業しました。

内藤:ずっと別府の社交場という役割を担っていたのですね。

西田社長:キャバレーは80(昭和55)年まで経営していましたが、時代も変わり、旅館業の方に軸足を移していきました。大型旅館全盛期の時代でした。

 私は1984年に旅行会社に就職し4年間、大阪で営業をしていました。87年11月に父が亡くなり、そのまま宿に戻ってきました。45歳だった06年に4代目社長に就任するまでの20年間は叔父が社長を務めました。

 ――旅行形態の個人化やインバウンドの拡大など、別府にも大きな変化がありました。

西田社長:2012年くらいから別府への観光客は少しずつ増加しています。海外からの個人旅行客が急激に拡大しているなかで、当館では外国人旅行者は1%もいませんでした。今はようやく5%弱というくらいです。

内藤:外国人ではなく、日本人客が大きく増えたのはどうしてですか。

西田社長:開業当時から旅行会社の団体客を主に受け入れていました。しかし、団体旅行が減り、個人旅行化していく時代に、当館は別府湾が一望できる最上階には直営フランスレストラン「ガーランド」、1階には別府割鮮料理「浜菊」という食事処を備えていました。これがほかの旅館にはない特徴として、個人のお客様にも対応できたのだと思います。

内藤:初代はどうして旅館にフランスレストランを造られたのでしょうか。

西田社長:61年に4階建ての白菊荘を建てて開業した当時は、大阪からフェリーで富裕層が多く来ました。1部屋に1人が担当して波止場までお見送りをする典型的な和の旅館でした。観光ブームが来るなかで、旅館のマーケットが大きく伸びると確信して白菊荘を壊し、73年に12階建ての現在の旅館を建てました。建物は新進気鋭のデザイナーが設計し、今でも「斬新なデザイン」と言われることがあります。

 祖父と一緒に経営をしていた父も、根っからの商売人でした。「他の宿ではやっていない、新しいこと」を常に考えていたようです。

 最上階展望レストランはビュッフェスタイルで、地元客向けに和・洋・中華など世界中の料理が楽しめる「ワールドディナーピック」というイベントを、夏季と冬季のそれぞれ1カ月間展開していました。前売券を販売するほどの人気で、つい最近まで続けていました。

 ――客室数はどのくらいですか。

西田社長:73年に81室の本館を建てたあと、80年に15室の東館、84年に24室の西館を建て増しして、現在は全体で120室あります。バブルが弾けたあとも90年代後半まで売上は伸びていきました。

内藤:個室料亭も造られましたね。

西田社長:個室料亭「菊彩香」は先代社長の叔父が計画し、私が社長に就任した後の13年にオープンしました。個人のお客様をターゲットにしたもので、専用の厨房を料亭内に配置しました。当時、別府では個人向けの料亭はほとんどなかったので、先駆けてやりたいという思いは、3代目の叔父と同様に私にも強くありました。

内藤:部屋食から、個室料亭での食事という流れは、多くの旅館でも見られます。しかし、実態は料理の内容を変えているのではなく、単に提供する場所を変えて団体料理を小分けにしているだけのところも多い。一方、オープンキッチンを導入している旅館も増えていますが、しっかりと使いこなせている施設は少ない。

 白菊では10年前にはすでに料理の内容や提供方法まで切り替えられたことに、とても興味があります。…

※ 詳細は本紙1690号または11月7日以降日経テレコン21でお読みいただけます。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温---

    最低気温---

  • 秋田(秋田県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温---

    最低気温---

  • 金沢(石川県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 八丈島(東京都)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 河口湖(山梨県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 神戸(兵庫県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温---

    最低気温---

  • 松江(島根県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 室戸岬(高知県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 高千穂(宮崎県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温---

  • 石垣島(沖縄県)

    曇り

    曇り

    最高気温---

    最低気温---