観光バス碧号、誕生、眺望にこだわった空間(クラブツーリズム)

  • 2017-7-1

「碧号」誕生

 クラブツーリズムから7月1日、ロイヤルクルーザー四季の華の新車両「碧号」がデビューした。クラブツーリズムが展開するツアー「ロイヤル・グランステージ」で使用する。窓の上についていた荷物棚を取り外し、座席の前にデスク型の木製の手荷物置きを設置。視界を遮らない空間設計を行うなど、〝眺望〟にこだわった快適な空間に仕上げた。

 ロイヤルクルーザー四季の華の10周年記念となる同車両。担当者は、「一度お乗りいただいたら、普通のバスツアーには戻れなくなる」と意気込む。今後は関西地区と東海地区でも同型のバスを導入する。

 座席数は添乗員席を含め19席のみ。座席には1人1台、NTTドコモ提供のタブレットを用意している。添乗員が撮影した旅行中の写真の共有と、車内プリントが可能。添乗員のタブレットと同期させることで、参加者全員に同じ案内もできる。また、音楽配信サイトを利用でき、移動中に好みの音楽が楽しめる。今後は、テーマ別ツアー時の専門家による講座開講などへの活用も検討している。

 トランクには、ツアー中に購入したお土産などを収納する個人用ロッカーと、大型冷蔵庫を設置。移動中も広々とした車内空間を維持できるよう、工夫を施した。

荷物棚を外し眺望にこだわった車内

ページ上部へ戻る