test

移動と食が融合へ、レストランバスを開発 (ウィラー×umari)

古田社長(左)と村瀬社長
古田社長(左)と村瀬社長

 ウィラーグループの地域商社、ウィラーコーポレーション(村瀬茂高社長)はこのほど、コンサルティングや地域活性化事業などを手掛けるumari(古田秘馬社長、東京都港区)と協働で、景色を楽しみながら地方の旬の食材を味わう、移動と食が融合した「レストランバス」を開発した。4月30日から新潟で運行を開始する。

 同バスのコンセプトは「オープントップバスならではの絶景を楽しみながら、その土地の生産者や料理人と交流をして旬な食材を楽しむ」。生産者や地域の人々、初めて見る食材、料理との出会いを創造し、旅行者に新たな感動を提供するのが狙い。農園で新鮮な食材を採取するなど体験も盛り込む。食材や調理法、食の歴史や文化など、「食」に関わるものはumariが担当し、移動はウィラーが担う。

レストランバス
レストランバス

 内装は1階がキッチン、2階は25人が乗車できる座席とテーブルを配している。屋根は開閉式のポリカーボネートで日差しが強いときはロールスクリーンで遮ることができる。また、1階のキッチン部分は窓を大きく取り、外からも調理風景が見られるような演出を施した。

 また、ウィラートラベルとumariはウィラートラベルサイト内に、食と移動を融合させた新たな食の体験コンテンツを集めた「NIPPON Travel Restaurant」(NTR)を開設。地方の隠れた魅力を伝えることで、地方創生に貢献する。当初はレストランバスと京都丹後鉄道の食堂列車「丹後くろまつ号」を掲載し、今後、コンテンツを拡充していく。

 さらに、ウィラーコーポレーションと投資事業を展開するumari capitalは、日本初の鉄道ファンのアイディアを実現する投資型鉄道ファンド「丹鉄ファンド」を設立。全国からアイディアを募り、採用された案件に投資することで、ウィラートレインズが運行する京都丹後鉄道を核とした駅ナカや車内、沿線の価値向上を目指す。また、沿線の地方創生を進めるには人材の育成と確保が不可欠なことから、「鉄道ビジネススクール」を開講し、ここでもいいアイディアが挙がれば投資していく考えだ。ビジネススクールは5月下旬から沿線や首都圏で開講予定で、費用は3万円。

 3月15日に東京都内で開いた会見で村瀬社長は、旅行の目的は日本人も外国人観光客も「食」が大きな要素を持っていることから、食を楽しみながら観光地をめぐるレストランバスは需要が大きいことをアピール。NRTについても「地域の体験や食のコンテンツを増やし、各地方に行ったときに観光と食、ショッピングを楽しみながら同時に移動も便利になるようにしていきたい」と意気込みを語った。

 一方、古田社長はこれまでさまざまな地域活性化事業を手掛けている観点から「現在の日本における地方創生の必要性」を語った。そのなかで、重要なのは「これまでは過去を見せる観光だったが、今後の観光は未来の可能性に関わってもらうこと」と主張。地域ブランドは地域の取り組みや人々そのもので、長期的、継続的に顧客との関係を結ぶため双方向のストーリーを作り、顧客を巻き込んだ「関係地づくり」を促すことが大切だと強調した。

いいね・フォローして最新記事をチェック

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温19℃

    最低気温12℃

  • 秋田(秋田県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温25℃

    最低気温17℃

  • 金沢(石川県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温28℃

    最低気温18℃

  • 八丈島(東京都)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温29℃

    最低気温24℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温25℃

    最低気温13℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温28℃

    最低気温21℃

  • 松江(島根県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温29℃

    最低気温18℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温26℃

    最低気温22℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温28℃

    最低気温15℃

  • 石垣島(沖縄県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温30℃

    最低気温26℃