test

諏訪湖オータム花火 毎日約500発を打ち上げ 10月に12日間開催

2021年9月10日
営業部:古沢 克昌

2021年9月10日(金) 配信

 

 長野県諏訪市の諏訪湖で10月に12日間、各日午後6時から毎晩約500発の花火を打ち上げる「諏訪湖オータム花火」が開かれる。全国新作花火競技大会(今年は中止)に例年参加している煙火店24社から各社の得意とする花火の提供を受け、1日2煙火店の花火を日替わりで打ち上げる。

 オータム花火は昨年11月以来。前回は諏訪観光協会が8日間行い、午後8時30分から5分間、約300発を打ち上げた。今回は同観光協会と諏訪湖温泉旅館組合、諏訪市の3者が主催する。新型コロナウイルスの影響が長期化するなか、飲食店を含む観光施設の支援や、新作花火大会で培った煙火店との関係継続をはかるのが目的。市民を含めた見物客参加型花火の実施を目指し、花火玉に貼り付ける応援メッセージも募集した。

 開催日時は10月1、2日と8、9日、13―16日、22、23日、29、30日の計12日間。各日とも午後6時から約10分間(雨天決行)。日程は10月14―16日に開催される「諏訪圏工業メッセ」に合わせたほか、金曜日と土曜日を基本に設定し、打ち上げ時間も早めた。有料桟敷席の販売はない。石彫公園から諏訪湖間欠泉センターまで広く自由観覧とする。会場内の放送で感染対策を呼び掛け、観光協会ホームページで全煙火店の紹介と、花火のライブ映像配信を行う。非来場型花火(密回避)の実証実験を兼ねており、会場に足を運ばなくても自宅や車中にいながら花火を体感できる。

 打ち上げ会場は諏訪市湖畔公園前の初島と諏訪湖を移動する台船の2カ所。花火の大きさは初島が最大5号玉、台船が最大4号玉。煙火店24社からオリジナルの花火を提供してもらい、12日間毎日異なる花火を打ち上げ晩秋の夜空を彩る。地元の小口煙火(諏訪市)が演出を担当する。

 専用駐車場(大型バス含む)はなく、普通車のみ湖畔駐車場もしくは近隣の駐車場を利用できる。

 会場周辺への小型無人飛行機(ドローンなど)の持ち込み・飛行は禁止。諏訪湖畔は寒くなるため、羽織りものの準備を推奨している。

 問い合わせ=諏訪観光協会 ☎0266(52)2111(平日のみ)、諏訪市観光案内所 ☎0266(58)0120。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---