test

観光型スマートシティ「LINKED CITY」構築へ 国際観光施設協会「スマートシティ研究会」を発足

2021年3月29日
営業部:後藤 文昭

2021年3月29日(月) 配信

初回は参加企業が自社の取り組みをPR

 国際観光施設協会(鈴木裕会長)の旅館観光地分科会(川村晃一郎分科会長)は3月25日(木)、観光型スマートシティ「LINKED CITY」構築に向け「スマートシティ研究会」を発足した。地域資源とAI、IoTデジタルオープンプラットフォームによる事業インキュベーションで雇用の創出を目指す。都市と地域、地域と地域をつなげることによる分散型社会の構築を実現させたい考え。軸はワーケーションとビジネスマッチング。自治体と地方民間企業を連携させ、各省庁の助成金も活用し、実現に向けて22の企業が知恵を出し合い共創する。

 「LINKED CITY」は、同協会の旅館観光地分科会が研究を進める「町じゅう旅館・ホテル」の考え方を深化させたもの。「町じゅう旅館・ホテル」は、ホテルや旅館で働く人を起点とし、まちの施設やイベント、人をITでつなぎ、地方創生を目指す構想だ。

 参加22社は、観光MaaSのプラットフォームの構築(ジョルダンやジョルテ)、地域の人が活躍できるコンテンツ作り(角川文庫やTOSE)、宿のソリューション構築(構造計画研究所やTOA)、自治体のコンサルトブランディング(十勝シティデザインやウエダ本社)を担う。

鈴木裕会長

 同日行われた発足会で鈴木会長はLINKED CITYが①観光②教育③モノづくり④働き方⑤医療⑥モビリティーーーの6つのアイテムで構成されると説明した。そのうえで、「観光の語源は、国の光を見ること。日本が見せるべき国の光は、気候や四季折々の美しさであり、各地域には独自の文化や伝統が残っている。しかし活用できているとはいいがたい状況にあるので、これらを国の光として磨き上げ、地域に人を呼び込む」と力を込めた。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---