test

秋のハウステンボスでヨーロッパ旅行気分を 「花の街の大収穫祭」9~10月に開催

2020年8月21日
営業部:鈴木 克範

2020年8月21日(金)配信

今秋は、本場さながらヨーロッパの街並みが楽しめるハウステンボスへ

 長崎県佐世保市のハウステンボスは9月1日(火)~10月31日(土)に、国内にいながら秋のヨーロッパで行われる収穫祭を存分に楽しめる「花の街の大収穫祭」を開催する。

 オクトーバーフェストやハロウィーンなど、秋になるとヨーロッパ各地で開催される収穫祭。そんな祝祭の雰囲気を日本にいながら味わってもらおうと、園内の花やイルミネーション、グルメなどが秋一色に染まる。レンガ調の街並みを散策しながら、今秋はハウステンボスでヨーロッパ気分を楽しんでみては。

 期間中、秋の醍醐味である「食」が充実。「ワイン祭」では、国内では出会えない希少なものからスイーツに合うものまで、100種類以上のワインの飲み比べが楽しめる。ほかにも、オランダやドイツなどの世界中から集まったビール、ブルーチーズから山羊のチーズまで種類豊富なチーズなど、ヨーロッパ中の秋の味覚を堪能できる。街の中心の広場では、プロのミュージシャンが奏でる生演奏も。本格的なオランダを再現した街並みの中で、楽器の音色を聴きながらお酒とチーズを味わう体験は、まさにヨーロッパそのものだ。

 9月1日(火)~27日(日)は、オランダの宮殿を忠実に再現したパレスハウステンボスで「ダリア展~宮殿に広がる無限のダリアの世界~」を開く。ダリアはその美しさから、フランス皇帝ナポレオン1世の妻ジョゼフィーヌも愛した花といわれている。色鮮やかなダリアと柔らかな印象のパンパスが広がる「鏡の世界への入口」から始まり、赤、黄、ピンクなど色とりどりのダリアが鏡に反射して無限に広がる「ダリアと鏡の世界」では、万華鏡の中に入り込んだような世界へと来場者を誘う。

 10月24日(土)~11月23日(月・祝)は、1000品種もの香り高いバラが咲き誇る「秋バラ祭」も開催する。優雅な雰囲気が漂うパレスハウステンボスや、アートガーデンに広がるバラに囲まれて贅沢なひとときを過ごすことができる。夜になると、園内はあたたかなオレンジ色の光に包まれる。今年初めて実施する体験型イルミネーション「ハロウィーンナイトウォーク」では、カボチャのランタンが一面に灯った幻想的な世界も体験できる。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---