test

埼旅協、例年通りに総会開く 「顔合わせが活性化になる」

2020年7月2日
編集部:木下 裕斗

2020年7月2日(木) 配信

浅子会長は通常通りの会費徴収に理解を求めた。画像は総会のようす

 埼玉県旅行業協会(浅子和世会長、257会員)は6月25日(木)、清水園(さいたま市)で2020年度通常総会を開いた。例年通り会員を招集し、議事を審議した。

 浅子和世会長は「緊急事態宣言が解除され、6月下旬であれば状況が落ち着く。顔を合わせての意見交換が業界の活性化につながる」と開催の理由を説明した。

浅子和世会長

 さらに、同会が通常通り会費を徴収したことにも理解を求めた。

 「新型コロナウイルスの影響について先行きが不透明であり、会費がないと財産を崩すことになる。何年も続けば、協会の存続に関わる」とした。そのうえで、「Go Toキャンペーンが会員各社へ適用となったのは、自民党幹事長の二階俊博氏が全国旅行業協会(ANTA)の会長を務めているから」と力を込めた。

 来賓として、ANTAの駒井輝男副会長はGo  Toキャンペーンについて「先が見通せないなか、二階会長に中小旅行会社にも適用されるよう依頼した。(二階会長は)首を縦に振ってくれた」と報告した。

駒井輝男副会長

 今年度は、ANTAと日本旅行業協会(JATA)が作成したガイドライン「旅行業における新型コロナウイルス対応ガイドライン」の周知をはかる。このほか、航空機の空席状況で価格が変動する新運賃料金制度「IIT運賃」の情報共有を行う。

 同日には業懇セールス会も実施。埼旅協協定会員連盟と特別会員連盟が、埼旅協の会員に施設をアピールした。

 開会のあいさつで埼旅協協定特定会員連盟の森田繁会長は「(会員各社は)新型コロナウイルス対策を講じ、安心・安全を提供して、お客様には『連盟の施設は安全だ』と伝えてほしい」と話した。

森田繁会長

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---