test

エアトリの子会社、GM社を子会社に 事業効率化など狙う

2020年6月29日
編集部:長谷川 貴人

2020年6月29日(月)配信

Wi-Fiレンタル事業のオペレーション統合へ

 エアトリ子会社のインバウンドプラットフォーム(王伸社長、東京都港区)は6月25日付で、エアトリ孫会社のグローバルモバイル(GM社)を吸収合併した。インバウンドプラットフォームを存続会社とし、GM社を消滅会社とする。

 インバウンドプラットフォームは、訪日外国人向けWi-Fi端末のレンタル事業で、国内トップクラスの取扱を誇ってきた。同社は4月6日、海外旅行や国内利用向けWi-Fi端末レンタルの国内大手であるGM社の株式を100%取得し、完全子会社化した。両社のオペレーションやノウハウ、管理体制の統合により、事業の効率化・コスト削減をさらに加速させることが狙い。

 合併後、GM社は「グローバルモバイル事業部」として、「グローバルモバイル」ブランドを引き続き運営する。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---