test

丹鉄、走るダイニング列車「丹後くろまつ号」春・夏商品発売

2020年2月19日
編集部:長谷川 貴人

2020年2月19日(水)配信

春・夏コースは2020年4月3日から9月27日まで運行

 京都丹後鉄道(丹鉄)を運行するWILLER TRAINS(寒竹聖一社長)は4月3日(金)、走るダイニング列車「丹後くろまつ号」の2020年春・夏コースを運行する。運行期間は9月27日(日)まで。要予約制。

 運行開始に先駆け、2月17日(月)から丹鉄ホームページで順次申込受付を始めた。絶景・食・文化・ふれあいなど、さまざまな側面から丹鉄沿線の魅力をまるごと堪能できる“丹鉄FOOD EXPERIENCE”をコンセプトに、「丹後くろまつ号」でしか味わえない感動体験の提供をはかる。

 春・夏コースは、温故知新をテーマに「森の朝食コース」「お伽御膳コース」「大人のスイーツコース」「丹後地肴コース」の全4コースを運行する。それぞれ伝統や伝説に基づいたコース設定で、由緒ある懐かしさや親しみやすさをベースに、沿線地域とっておきの旬の食材をふんだんに使用される。

 とくに、「お伽御前コース」は、丹後の地・伊根の伝承が発祥とされる浦島伝説をモチーフに、開けると煙が上がる玉手箱に入ったスイーツなど物語仕立てのコースを用意。まるでお伽話の世界に入り込んだかのような特別な体験が楽しめる。ほかにも「大人のスイーツコース」では、舞鶴東西の洋菓子店のコラボレーションによる、丹後くろまつ号でしか味わえない特別なスイーツプレートを提供する。

 どのコースも車窓からの自然豊かな景色とともに、絶品の食事を堪能できる。

コース共通

定員:1コースあたり30人

運行日:

«定期運行»

 森の朝食コース/お伽御膳コース:金曜、土曜、日曜、祝日

 大人のスイーツコース/丹後地肴コース:土曜、日曜、祝日

«貸切運行»

 森の朝食コース/お伽御膳コース:月曜、木曜

 大人のスイーツコース/丹後地肴コース:月曜、木曜、金曜

予約:

«定期運行»

 3カ月前同日発売、午前10時予約受付開始

«貸切運行»

 電話(0772-25-2323、受付時間=平日午前9:00~午後6:00)に受付中

 利用日の前月の10日まで(該当日が土休日の場合、その前の営業日まで)

※各コースおみやげ付き(時期によって内容が異なる)

※各コース、旬の食材を使用しているため季節によりメニュー内容が変更になる

※丹後くろまつ号の利用特典として丹鉄沿線の1日フリーきっぷが、1枚750円の特別価格で購入できる

コース内容

①「森の朝食コース」 ~宮津湾・伊根湾と姉妹湾提携のモン・サン=ミシェル湾のあるブルターニュ地方伝統のクイニーアマンなどで楽しむプティ・デジュネ~

「森の朝食コース」

税込:4,400円(福知山 午前10:10発⇒天橋立 同11:53着)

«ポイント»

 宮津湾・伊根湾と姉妹湾提携のモン・サン=ミシェル湾のあるブルターニュ地方伝統のクイニーアマンなどに、フランスを代表するマリアージュフレール紅茶を合わせ、丹波の氷上ヨーグルトとチーズをあわせたチーズケーキに地元の季節の果物を使ったソースをかけてお召し上がりいただくクレームダンジュには、丹鉄オリジナルブレンドの丹鉄珈琲を合わせた。日本三景「天橋立」に向かう森に囲まれた癒しの空間の中で、ここでしか味わえないフランス風の朝食を楽しめる。

«メニュー»

 季節のフルーツジュレ ~白桃とレモンバームの香り~

 トルドル・オ・ザマンドスリーズ(デニッシュ)

 フランス伝統のクイニーアマン

 マリアージュフレール紅茶アールグレイインペリアル(紅茶)

 クレーム・ダンジュ~天滝ゆずと日向夏のソース~

 丹鉄珈琲

«おみやげ»

 天滝ゆずと生姜のジュレ

②「お伽御膳コース」 ~丹後くろまつ号で丹後に伝わる浦島伝説の物語を食で楽しむ~

「お伽御膳コース」

税込:11,000円(天橋立 午後0:48発⇒西舞鶴 同2:50着)

«ポイント»

 丹後の地・伊根の伝承が発祥とされる浦島伝説は、「丹後國風土記」(713~715年成立)の記述が浦島伝承の最古とされている。そんな浦島伝説をモチーフに、亀に乗って竜宮城に向かうシーンをイメージして華やかに盛り付けをした前菜や、開けると煙がもくもくと上がる玉手箱に入ったスイーツなど、物語仕立てとなった丹後の幸をたっぷりと堪能できる。車窓の風景に思いを馳せながら、丹後くろまつ号の中で繰り広げられるお伽の世界を楽しめる。

«メニュー»

[前菜] 伊根産鰯のマリネ、紅芯大根・焼白葱、丸十蝶々見立て、海老・一寸豆・桜麩、蛤の白和え・いくら・南天

[向附] 旬のお造里 三種盛り 金魚草 穂紫蘇

[焼物] 鰆味噌幽庵焼 ビーツソース 旬のあしらい一式

[蓋物] 煮穴子の桜蒸し 銀餡かけ 山葵 桜花 蕨

[強肴] 黒毛和牛ローストビーフ トマトぽん酢、あおき農園さんの有機野菜

[御飯物] 丹後のばら寿司、あかもくの赤出汁

[玉手箱] 舞鶴抹茶を使用したティラミス、うぐいす餅   

[ドリンク] 天橋立ワイン赤・白またはソフトドリンク、丹鉄珈琲

«おみやげ»

 丹後ちりめんの小風呂敷

③「大人のスイーツコース」 ~伝統的仏蘭西菓子と新しい味を楽しむ大人の為の午後のひととき~

「大人のスイーツコース」

税込:4,200円(西舞鶴 午後3:30発⇒天橋立 同4:32着)

«ポイント»

 おなじみ西舞鶴の洋菓子店“アメイロ ビストロ アルル”と、今回丹後くろまつ号では初の提供となる東舞鶴のパン屋“ブーランジェリー モンクール”が初めてタッグを組み、この列車でしか味わえない特別に作り上げた大人のスイーツプレートを実現した。途中通過する沿線の絶景スポット「由良川橋梁」や「奈具海岸」で、ゆっくりと海の景色を眺めながら午後の優雅なひと時を過ごせる。

«メニュー»

 ミルフィーユ・ノワール(黒いミルフィーユ)

 サヴァラン オランジュ

 丹鉄珈琲おかわり自由

«おみやげ»

 赤岩高原たまごを使ったしっとりマフィン

④「丹後地肴コース」 ~地酒と地魚 地物づくしで楽しむ黄昏行路(地酒飲み放題)~

「丹後地肴コース」

税込:5,100円(天橋立 午後5:05発⇒西舞鶴 同6:19着)

«ポイント»

 地元食材にこだわり、その日あがった魚にこだわる宮津の寿司店“なみじ”による、味わい深い丹後の夕暮れを楽しめるコース。昔ながらの漁法で上がった宮津の朝獲鮮魚をはじめ、ふんだんに丹後の食材・地酒・地ワインを使用し、食事から飲み物まで丹後尽くしを味わえる。車窓から望む丹後の夕暮れの景色とともに、豊かな海と大地の恵みである料理と地酒のマッチングを五感で堪能できる。

«メニュー»

 手鞠寿司

 黒ばい貝の有馬煮

 玉(ぎょく)

 箸休め(旬の地元食材等を使用したオリジナルの漬物や佃煮)

 地酒3種飲み放題または天橋立白ワイン飲み放題

※海や漁の状況により手毬寿司が提供できない場合がある。その場合は「やなぎ寿司(地物鰆の押し寿司)」に変更となる。

※地酒は、日によって種類が異なる。

«おみやげ»

 舞鶴の地酒「池雲」と酒粕のパウンドケーキ

京都丹後鉄道 丹後くろまつ号ページ(公式サイト内)

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温12℃

    最低気温4℃

  • 秋田(秋田県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温14℃

    最低気温6℃

  • 金沢(石川県)

    雨

    最高気温14℃

    最低気温10℃

  • 八丈島(東京都)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温20℃

    最低気温14℃

  • 河口湖(山梨県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温9℃

    最低気温4℃

  • 神戸(兵庫県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温16℃

    最低気温15℃

  • 松江(島根県)

    雨

    最高気温13℃

    最低気温11℃

  • 室戸岬(高知県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温17℃

    最低気温13℃

  • 高千穂(宮崎県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温14℃

    最低気温12℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温25℃

    最低気温22℃