test

日本酒専門の免税店「空乃酒蔵」、セントレアに1月24日開業

2020年1月15日
編集部:長谷川 貴人

2020年1月15日(水)配信

「空乃酒蔵」の外観イメージ

 

 中部国際空港セントレア(愛知県常滑市)は2020年1月24日(金)、国際制限エリアで日本全国の銘酒を取りそろえた専門店「空乃酒蔵」を新規オープンする。日本の空港内の免税店として初の「日本のお酒専門店」となる。あわせて、東海3県(愛知・岐阜・三重)を代表する酒蔵と共同開発した、セントレア限定酒「空乃酒蔵」を数量限定で売り出す。

 セントレアでは、急速に増加する訪日外国人旅行客のニーズに応えるとともに、日本の酒文化のさらなる浸透をはかっている。「空乃酒蔵」は、国内外の利用客に対して日本の空の玄関口として、中部地方をはじめ全国から選りすぐりの銘酒や、セントレア免税店でしか購入できないセントレア限定酒を提供。四季や伝統、食など「日本の和」を実感できるような専門店を目指す。

店舗概要

名称:空乃酒蔵(そらのさかぐら)

場所:第1ターミナル国際出発制限エリア内 20番ゲート付近(面積約90平方㍍)

取扱商品:

 日本のお酒(日本酒、焼酎、リキュール)、お酒にまつわるものなど、

 取り扱いアイテム数200点以上(雑貨、その他食品は除く)

開業日:2020年1月24日(金)

営業時間:午前6:45~午後10:00

※国際出発制限エリア内の既存店で取り扱っていた「日本のお酒」(日本酒、焼酎、梅酒など)は、「空乃酒蔵」に集約する。

セントレアオリジナル商品の紹介

 東海3県(愛知・岐阜・三重)を代表する3酒蔵との協同により、店名である「空乃酒蔵」を冠としたセントレア限定酒を開発し、数量限定で売り出す。

セントレア限定酒の各商品

◆「國盛」で有名な愛知県の酒蔵「中埜酒造」の純米吟醸酒

◆「四ツ星」で有名な岐阜県の酒蔵「舩坂酒造店」の大吟醸酒

◆「半蔵」で有名な三重県の酒蔵「大田酒造」の純米大吟醸酒

※各1,000本の数量限定販売

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---