test

Langogo、日本の翻訳機市場に本格参入 翻訳結果の文字化機能も搭載

2019年11月22日(金) 配信

(左から)黒瀬社長、張CEO

 Langogo technology(張岩CEO、中国・深セン)は12月1日(日)、言語を自動で認識して訳す音声翻訳機「Langogo Genesis」を売り出し、日本の翻訳機市場への本格的な参入を始める。同製品は音声を文字化する機能も備える。訪日客を受け入れる店舗や国際会議などを行う法人を中心に、個人にも売り出す。3年間で30万台、市場全体における5分の1から6分の1のシェア確保を目指す。

 同製品は104言語に対応。このうち、中国語と日本語、英語、韓国語はオフラインで翻訳する。本体にある翻訳ボタンを押しながら話すと、自動で言語を判断して翻訳できる。この機能はほかの翻訳機にはないという。同社は同機能の国際特許を申請している。

 翻訳機能における最大の特徴は音声認識と翻訳、音声出力の各工程で最適なAI翻訳エンジンを使用していること。

 AI翻訳エンジンはマイクロソフトやグーグル、テンセントなど24種類を用いる。他社は1社のエンジンでまとめて翻訳するため、長時間の音声で差が顕著に表れるという。

 話し掛けた音声は文字に変換し、パソコンやスマートフォンにテキストデータとして送信することができる。利用者は編集することも可能となっている。また、モバイルWi―Fiとしても使える。

 日本での販売はパルス(黒瀬一仙社長)が、国内正規総代理店として「Langogo Genesis」を含む4つの製品を扱う予定となっている。

 12月1日(日)からは、訪日客対応や利用者の海外旅行を想定する「Genesis」を2万8千円(税別)で売り出す。

 学生や会議の議事録作成の需要をターゲットにした低価格モデル「Minutes」とレンタル用の「Share」の価格と販売時期は未定。

 このほか、カメラ機能で文字の翻訳が可能で、10㍍離れた音声も拾う高性能機種「Summit」の販売は12月中の見通し。料金は5万円ほどを想定している。

Summit。画面では翻訳結果を表示中

 張CEOは11月21日(木)に開いた会見で「会議終了後の議事録作成時間の大幅な短縮が可能となっている。働き方改革に役立てることができる」とアピールした。  

 パルスの黒瀬一仙社長は「訪日客の消費動向は、モノ消費からコト消費に移行している。(コト消費は)コミュニケーションがより重要になるため、今後はさらに翻訳機の需要が伸びるはず」と力を込めた。

 

いいね・フォローして最新記事をチェック

“Langogo、日本の翻訳機市場に本格参入 翻訳結果の文字化機能も搭載” への 1 件のフィードバック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴れ

    晴れ

    最高気温2℃

    最低気温-6℃

  • 秋田(秋田県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温6℃

    最低気温1℃

  • 金沢(石川県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温11℃

    最低気温2℃

  • 八丈島(東京都)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温14℃

    最低気温9℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温5℃

    最低気温-1℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇り

    曇り

    最高気温10℃

    最低気温6℃

  • 松江(島根県)

    曇り

    曇り

    最高気温11℃

    最低気温3℃

  • 室戸岬(高知県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温11℃

    最低気温7℃

  • 高千穂(宮崎県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温10℃

    最低気温2℃

  • 石垣島(沖縄県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温20℃

    最低気温17℃