test

アスコットジャパン、有形文化財にホテル 来年1月大阪・なんば開業

2019年11月19日
編集部:木下 裕斗

2019年11月19日(火) 配信

髙島屋東別館(イメージ)

 アスコットジャパン(タン・ライ・セン社長、東京都港区)は来年1月18日(土)、有形文化財の「髙島屋東別館」(大阪府大阪市)に「シタディーンなんば大阪」をオープンする。増加する20~30代の訪日需要に応える。

 髙島屋東別館は1923年に完成。今年3月には国の有形文化財に登録された。現在は完成当時の外観などを残し、髙島屋グループの事務所や史料館、結婚式場などとして活用されている。

 アスコットジャパンは、入居エリアにある完成当時の装飾や石段を残して営業する。各客室は建物のモチーフを生かした内装に仕上げる。客室数は313室。面積は20平方㍍から用意する。

 このほか、キッズルームとジム、ミーティングルーム、ラウンジ、シェアキッチン、キッズルームを設置する。このうち、キッズルームは昔の百貨店にあった屋上遊園地をモチーフにするという。

客室(イメージ)

 レストランとショップも併設。燻製やイタリアン料理を提供する予定となっている。長期滞在にも対応する。一部の客室にはキッチンを備えるほか、食器や洗濯乾燥機を設置する。 

 なんば駅から徒歩10分ほどでアクセス可能。11月27日(火)から公式サイトで、宿泊予約を受け付ける。 

 11月19日(火)に開いた発表会でアスコットジャパンのタン社長は「歴史的建造物に入居することは最大のセールスポイントになる」と意気込んだ。

タン社長

 髙島屋の大阪店と連携をはかり相乗効果も狙う。両社は宿泊客への買い物優待サービスを予定。このほか、宿泊客限定で通訳と買い物のアドバイスをする「ストアコンシェルジュサービス」の導入も視野に入れている。

 髙島屋の津積誠企画本部賃料管理室長は「ホテルの入居が近隣地区の活性化の起爆剤となり、大阪店の利用者増加につなげてほしい」と期待を寄せた。

津積室長

 今後は、両社が進出中のタイや中国などで商業施設の展開を検討する。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴れ

    晴れ

    最高気温2℃

    最低気温-8℃

  • 秋田(秋田県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温7℃

    最低気温2℃

  • 金沢(石川県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温10℃

    最低気温2℃

  • 八丈島(東京都)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温13℃

    最低気温10℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇り

    曇り

    最高気温6℃

    最低気温-1℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇り

    曇り

    最高気温10℃

    最低気温6℃

  • 松江(島根県)

    曇り

    曇り

    最高気温11℃

    最低気温2℃

  • 室戸岬(高知県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温10℃

    最低気温8℃

  • 高千穂(宮崎県)

    曇り

    曇り

    最高気温9℃

    最低気温1℃

  • 石垣島(沖縄県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温20℃

    最低気温16℃