test

NAA、3期連続で最高収益 五輪向け改修で増収減益 19年度中間連結決算

2019年11月19日
編集部:木下 裕斗

2019年11月19日(火) 配信

田村明比古社長

 成田国際空港(NAA、田村明比古社長)がこのほど発表した2019年度中間連結決算(19年4~9月)によると、営業収益は前年同期比1・4%増の1267億9700万円となった。3期連続で、民営化以降の最高を更新した。 

 営業利益は同5・9%減の293億3700万円、経営利益は同6・3%減の284億5500万円、中間純利益は同10・3%減の183億9500万円。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた施設の改修と店舗のリニューアルに伴う営業休止や、元安などによる中国系旅客の消費意欲の低下で、空港運営事業とリテール事業で減益となった。

 通期の航空取扱量は航空機発着回数、航空旅客数ともに増加し、過去最高を更新し増収を見込む。

 一方、19年度通期連結業績予想は、営業収益が同0・8%増の2571億円、営業利益は同16・7%減の465億円、経常利益が同16・5%減の448億円、当期純利益は同22・0%減の279億円に設定。引き続きオリンピックに向けた改修と店舗のリニューアルに伴う営業休止や、台風被害の対応費用、退職給付費用の増加などで減益となる見通し。 

発着数13万回 8年連続で最高値更新

 19年度中間(4月~9月)航空取扱量によると、航空機発着回数は前年同期比5・0%増の13万5千回だった。アジア方面を中心とした国際線・国内線の新規就航と増便などにより8年連続で開港以来、過去最高を記録した。このうち、国際線は同3・8%増の10万7千回、国内線は同9・9%増の2万9千回だった。 

 航空旅客数は同4・0%増の2261万人となり、5年連続で開港以来の最高値を更新した。このうち、国際線が同2・8%増の1862万人で、国内線は同10・1%増の399万人と増加した。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴れ

    晴れ

    最高気温2℃

    最低気温-8℃

  • 秋田(秋田県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温7℃

    最低気温2℃

  • 金沢(石川県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温10℃

    最低気温2℃

  • 八丈島(東京都)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温13℃

    最低気温10℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇り

    曇り

    最高気温6℃

    最低気温-1℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇り

    曇り

    最高気温10℃

    最低気温6℃

  • 松江(島根県)

    曇り

    曇り

    最高気温11℃

    最低気温2℃

  • 室戸岬(高知県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温10℃

    最低気温8℃

  • 高千穂(宮崎県)

    曇り

    曇り

    最高気温9℃

    最低気温1℃

  • 石垣島(沖縄県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温20℃

    最低気温16℃