test

刀剣「村正・正重」、御大典記念で74年ぶりに披露 桑名宗社

2019年10月16日
編集部:長谷川 貴人

2019年10月16日(水)配信

(左から)漆が塗られた状態の「村正」と「正重」

 三重県桑名市は2019年10月20日(日)~22日(火)の3日間、天皇陛下即位の御大典を記念し、桑名宗社(春日神社)で所蔵する刀剣「村正・正重」の特別公開を行う。錆防止のために漆が塗られていた刀剣を今回特別に研ぎ、本来の刀剣の姿として74年ぶりに披露する。

特別公開内容

 桑名宗社の御神宝「村正・正重」の太刀4振は、戦争により刀の正常な管理が不可能になることを見越し、先々代宮司により漆黒の漆が塗られ、錆防止のため空気に触れないようにされてきた。戦災を免れた刀剣は終戦から74年と時を経てもなお、漆が塗られていた状態。今回、本来の刀剣の姿として74年ぶりに披露される。

 「村正」「正重」各2振(すべて三重県指定文化財)あるうちの各1振ずつを研ぎ、甦った輝きを多くの人に観覧できるように公開される。公開中は、松村壮太郎氏(研ぎ師)と上畠誠氏(刀匠)の記念解説も行われる。観覧無料。

村正・正重について

「村正」

 伊勢国桑名の刀工で、数代にわたって桑名で作刀を行い、多くの戦国武将に愛用された。今回展示される「村正」は、1543(天文12)年の銘がある。

 全国的な刀剣ブームの中で、刀剣好きならだれもが知る「村正」。徳川家に忌み嫌われていたという「妖刀村正」のイメージも強いが、家康本人も所持していた三河武士に愛用された実用的な刀であった。

 「正重」

 村正を祖とする刀工集団の「千子派」の1人。初代正重は、初代村正の弟子だったとされ、数代続いた。作風は最も村正に迫り、今回展示される刀は1661(寛文元)年の銘がある。

開催概要

公開日時:2019年10月20日(日)~22日(火)の3日間

 午前9:00~午後4:00まで

公開場所:春日神社会館(三重県桑名市本町46番地 桑名宗社)

記念解説:

 松村壮太郎氏(研ぎ師)10月20日(日) 午前11:00~

 上畠誠氏(刀匠)10月22日(火・祝) 午前11:00~

※特別御朱印も用意する(数に限りがある)。

問い合わせ先:TEL 0594-22-1913(桑名宗社内)

HP:

イベントに関する問い合わせ

三重県桑名市/ブランド推進課

TEL:0594-24-1258

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温4℃

    最低気温-4℃

  • 秋田(秋田県)

    雨時々雪

    雨時々雪

    最高気温12℃

    最低気温4℃

  • 金沢(石川県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温15℃

    最低気温8℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温20℃

    最低気温14℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温14℃

    最低気温1℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温15℃

    最低気温8℃

  • 松江(島根県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温15℃

    最低気温5℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温16℃

    最低気温10℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温17℃

    最低気温---

  • 石垣島(沖縄県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温26℃

    最低気温20℃