test

JR東日本×handy  インバウンド向けサービスで連携 快適な移動環境を

2019年8月27日
編集部:平綿 裕一

2019年8月27日(火) 配信

JR-EAST traininfoイメージ

 宿泊施設客室備え付けスマートフォン「handy※1」を展開するhi Japanはこのほど、東日本旅客鉄道(JR東日本)と連携し、handyを活用した「JR-EAST Train Info※2」アプリの利用促進トライアルを行うと発表した。国内のホテルにあるすべてのhandyにアプリを事前にインストールし、鉄道の乗換案内や運行情報を手に入れやすくすることで、快適な移動環境の実現をはかる。

  トライアル期間は2019年9月1日~2020年3月31日まで。観光庁によるアンケートでは、外国人旅行者の約76%が在来線(新幹線以外の鉄道)を利用する一方、うち約23%がルート検索やきっぷ・ICカード購入時などに不便さを感じていたという。今回の取り組みでアプリを活用してもらい、乗り換え方法の分かり辛さや、運休・遅延といったリアルタイムの運行情報の入手の難しさといった課題解決も目指す。

  一方、トライアルに併せ、「Welcome Suica※3」の認知度向上と利用促進を目的に、Suicaのペンギンオリジナルグッズをプレゼントするhandyユーザー限定のキャンペーンも実施する。

Welcomesuicaイメージ

 対象ホテルの宿泊者がJR EAST Travel Service Centerなどで「Welcome              Suica」(※3)を購入し、handy上から同CPにエントリーすれば、Suicaのペンギンオリジナルグッズがもらえる。

 期間は2019年9月1日からで、プレゼントが無くなり次第終了する。対象ホテルは、東京ステーションホテルと、ホテルメトロポリタン、JR東日本ホテルメッツ 渋谷。

※1「handy」:宿泊施設客室備え付けスマートフォン、国内ホテル約1,400施設、約15万室に展開(2019年7月現在)

※2「JR-EAST Train Info」:訪日外国人旅行者等に向けて、列車の運行情報や、シームレスなルート案内を提供するアプリ。英語、韓国語、中国語(簡体・繁体)に対応

※3 預り金(デポジット)なしで28日間使用できる訪日外国人旅行者向けICカード。鉄道・バスなどのほか、電子マネーとして利用可能

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---