test

西日本最大級のアスレチック施設 滋賀・農業公園に3月登場

2019年2月18日
編集部:長谷川 貴人

2019年2月18日(月)配信 

子供から大人まで楽しめる巨大アスレチック施設

酪農・ふれあい・体験をテーマに自然の中で遊びを通じて感性を育む「滋賀農業公園ブルーメの丘」(滋賀県蒲生郡)に、西日本最大級の巨大アスレチック施設「アルプスジム」が2019年3月1日(金)にグランドオープンする。

アルプスジムについて

アルプスジム

 アルプスジムは4層構造、高さ17㍍と西日本最大級のアスレチック施設。自然をモチーフにしたドイツ製のスタイリッシュなデザインで、木材を多く取り入れた72のアトラクションと展望台を有する。

 本格的なボルダリングから自転車で一本橋を渡るアトラクション、ユーモラスな休憩所でひと休みなど、子供から大人まで飽きさせない工夫があちこちに散りばめられている。決まったコースが存在しないため、利用者は自由にクライミングアトラクションを選択することができ、混み合うことなく効率よく楽しめる。

自転車で一本橋を渡るアトラクション

アルプスコース(2F・3F・4F)

一般(中学生以上)3,000円、小学生2,000円、学割2,500円

一般団体 1人あたり2,500円

学校団体(小、中、高) 1人あたり2,000円

※利用時間は60分(安全器具装着、安全講習時間含む)

※身長125㌢㍍、体重120㌔㌘未満の人が利用できる

※140㌢㍍未満は同伴者が必要

キッズコース(1F)

一周600円

※3歳以上、身長100㌢㍍以上140㌢㍍未満、体重40㌔㌘未満の人が利用できる

※未就学児については保護者が必要(無料)

展望台(定員50人)

一人300円 ※3歳から有料となる

滋賀農業公園ブルーメの丘について

 ブルーメの丘は、酪農・ふれあい・体験をテーマに、自然の中で遊びを通じて感性を育む公園。昨年春にカンガルーやカピバラ、エミューが新たに仲間入りした。動物とのふれあいを通じて、心と身体に安らぎを提供し、命の大切さと多様性を実感できる。加えて、広大な牧草地に牛や馬、羊、山羊を放牧している。

 体験コーナーでは、ピザやミルク食パン、ソーセージなどを作るグルメ体験やジェルキャンドル、ハーバリウムをはじめとするクラフト体験など、家族みんなで楽しむことができる。

施設概要

施設名:滋賀農業公園ブルーメの丘

所在地:〒529-1628 滋賀県蒲生郡日野町西大路843

営業時間:

 平日 午前10:00~午後5:00

 土日祝 午前9:30~午後6:00(季節により変動あり)

休園日:

シーズン中 毎週水曜日

 ※水曜日が祝日の場合は営業する

 ※春休み、GW、夏休みは営業する

冬期期間中 毎週水曜日・木曜日

 ※冬休みは営業する

 ※降雪などで臨時休園となる場合がある

URL以下のページリンクから

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---