test

提言「労働力喪失時代の『スマート・エコノミー』を目指して」発表へ 日本生産性本部が生産性シンポ

2018年11月15日
編集部:増田 剛

2018年11月15日(木) 配信 

労働力喪失時代の生産性向上戦略を議論

日本生産性本部(茂木友三郎会長)は12月4日(火)、大手町サンケイプラザ4階ホール(東京都千代田区)で第3回生産性シンポジウムを開く。テーマは「労働力喪失時代の生産性向上戦略~持続可能な社会経済システムの提言~」。

 冒頭、日本生産性本部サービス産業生産性協議会幹事・サービス産業生産性向上戦略プロジェクト座長の村上輝康氏(産業戦略研究所代表、NTTドコモ社外取締役)が、提言「労働力喪失時代の『スマート・エコノミー』を目指して」を発表する。

 パネルディスカッション「『スマート・エコノミー』の実現に向けて」には、菊地唯夫氏(ロイヤルホールディングス会長兼CEO)、針谷了氏(湯元舘会長)、デービッド・アトキンソン氏(小西美術工藝社社長)、藤重貞慶氏(ライオン相談役)、浅野大介氏(経済産業省商務・サービスグループサービス政策課長)が登壇する。 

 パネルディスカッション「『スマート・エコノミー』を促進する経営のあり方を考える」には、斎藤敏一氏(ルネサンス会長)、田川博己氏(JTB会長)、八野正一氏(全国労働組合生産性会議副議長)、森川正之氏(経済産業研究所副所長)が登壇する。

 2つの討論会の進行役は、冒頭に提言を発表する村上座長が務める。

 日本生産性本部は1955年に設立。経済界や労働界、学識者、消費者など各界の代表者によって構成されている。2018年度から「人口減少下の新たな生産性運動の基盤整備」を中期運動目標のテーマに据え、生産性に関わるさまざまな課題に取り組んでいる。

 同シンポジウムの問い合わせは、tel03(5511)2030。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇り

    曇り

    最高気温18℃

    最低気温12℃

  • 秋田(秋田県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温28℃

    最低気温16℃

  • 金沢(石川県)

    晴のち雨

    晴のち雨

    最高気温29℃

    最低気温19℃

  • 八丈島(東京都)

    曇り

    曇り

    最高気温25℃

    最低気温18℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温25℃

    最低気温14℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温28℃

    最低気温22℃

  • 松江(島根県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温31℃

    最低気温19℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温25℃

    最低気温21℃

  • 高千穂(宮崎県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温27℃

    最低気温17℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温31℃

    最低気温28℃