test

2018年上期のインバウド動向分析 地方部の人気が拡大 エクスペディアグループ

2018年9月3日
編集部:平綿 裕一

2018年9月3日(月) 配信 

訪日外国人旅行者は、より地方部へ(画像はイメージ)

 

エクスペディアグループがこのほど発表した調査によると、地方部の人気が急速に拡大していることが分かった。

 2018年上期(1~6月)における訪日外国人旅行者のオンライン予約動向を分析した。人気が集まる東京都と大阪府、京都府の主要3地域以外の宿泊予約が、前年同期比45%増だった。とくに青森県は同180%増と大きく伸びた。

 主要3地域以外のトップ5は沖縄県と福岡県、北海道、愛知県、千葉県で昨年と同じ。ただこれら5地域が、主要3地域を除く全体の約半数を占めた。とくに伸び率が顕著だったのは、青森県に次いで熊本県(同100%増)と、宮崎県(同80%増)、宮城県(同80%増)、山梨県(同75%増)、福岡県・静岡県(同65%増)などとなった。

 青森県は平均客室単価でも同40%増と伸びが大きかった。このほか、伸び率が2ケタだったのは、宮崎県(20%増)と大分県(同15%増)、佐賀県(同)、福岡県(同10%増)となった。

 地方部を訪れる国・地域は、韓国と香港、米国、台湾、オーストラリアが大部分を占めた。一方、新たな国からの需要も増大。アイルランドとメキシコは3ケタ増と飛躍した。このほか、タイとニュージーランド、デンマークなども地方部への旅行者需要が増加した。

 一方、訪日外国人旅行者が地方部の宿泊施設を予約する場合、平均リードタイムは47日前となる。ただ、タイとイタリア、ニュージーランド、ブラジル、スペインからは、平均60日前に予約するという。「(タイなどの)訪日需要における振興国から予約を取り込むためには、宿泊予約のリードタイム(予約してから実際に泊まるまでの期間)を念頭に置く必要があるでしょう」(エクスペディアグループ)と分析する。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇り

    曇り

    最高気温4℃

    最低気温---

  • 秋田(秋田県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温12℃

    最低気温4℃

  • 金沢(石川県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温13℃

    最低気温10℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温21℃

    最低気温17℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温11℃

    最低気温4℃

  • 神戸(兵庫県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温14℃

    最低気温11℃

  • 松江(島根県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温12℃

    最低気温7℃

  • 室戸岬(高知県)

    雨のち晴

    雨のち晴

    最高気温16℃

    最低気温13℃

  • 高千穂(宮崎県)

    雨のち晴

    雨のち晴

    最高気温13℃

    最低気温8℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇り

    曇り

    最高気温23℃

    最低気温20℃