test

地域活性化を学ぶ飛騨高山観光大学 8月10日まで参加者募集

2018年7月31日
営業部:長谷川 貴人

2018年7月31日(火) 配信 

全国的にも珍しい高山市にある水田「車田」

観光政策や地域経済の活性化につながる事業などを学ぶ「第35回飛騨高山観光大学」が2018年8月24日(金)、25日(土)、岐阜県高山市のひだホテルプラザで開かれる。運営事務局は全国の地方自治体や観光協会の職員、観光関連学部の学生などを対象に8月10日(金)まで参加者を募集する。

 24日は午後1:30に開会し、スローフード第一人者でノンフィクション作家の島村菜津氏が、「スローフードと地域のための観光」をテーマに基調講演を行う。事例報告では、ファミリーストアさとうの佐藤祐介社長が「飛騨の食文化は宝の山!普段の食卓にある地元の底力」を発表。さらに、飛騨高山おいしいお米プロジェクトの森本久雄副会長が「飛騨の宝物、日本一おいしいお米とその可能性」を発表するほか、平湯温泉観光協会の岩田弘幸会長が「ガストロノミーツーリズムと温泉地」を発表する。講演会終了後は、同ホテルで交流会が行われる。

 25日は午前9:00から市内視察を実施。朝市散策や老舗料亭で精進料理を堪能できる「大人のプチ贅沢スローフード飛騨高山満喫コース」と、トマトの収穫・試食体験や飛騨大鍾乳洞を見学する「丹生川満喫・おいしいトマト試食コース」の2ルートを用意する。

 参加費は講演会が2千円(学生、高山市民は無料)、交流会は4千円、2日目の市内視察はスローフードコースが3,900円、トマト試食コースが2,500円。定員は各25人までの先着となる。

 申し込み・問い合わせ=飛騨高山観光大学実行委員会事務局(高山市商工観光部観光課内) TEL:0577-35-3145。

 そのほか、詳細は以下のページリンクから

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温19℃

    最低気温12℃

  • 秋田(秋田県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温25℃

    最低気温17℃

  • 金沢(石川県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温28℃

    最低気温18℃

  • 八丈島(東京都)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温29℃

    最低気温24℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温25℃

    最低気温13℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温28℃

    最低気温21℃

  • 松江(島根県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温29℃

    最低気温18℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温26℃

    最低気温22℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温28℃

    最低気温15℃

  • 石垣島(沖縄県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温30℃

    最低気温26℃