test

淡路島うずしおクルーズが 小学生以下のこども無料乗船キャンペーン実施!

2018年7月2日
営業部:鈴木 克範

2018年7月2日(月) 配信

渦と咸臨丸

「うずしおクルーズ」を運営するジョイポート南淡路(兵庫県南あわじ市)は、2018年7月14日(土)~8月31日(金)の期間、全世界の小学生以下の子供たちを対象に、うずしおクルーズへ無料で招待するキャンペーンを実施する。

 キャンペーンを機に、全世界の子供たちに世界中でもここでしか体感することができない「鳴門海峡の渦潮」の素晴らしさを知ってもらうことで、「鳴門海峡のうず潮の世界遺産登録運動」の機運を高めたい(同社)としている。

全世界の小学生以下のこども達をうずしおクルーズへ無料招待!

大鳴門橋の真下を通過

対象  : 全世界の小学生以下の子供たち

期間  : 2018年7月14日(土)~8月31日(金)

時間  : 出航時刻は日によって変わるのでホームページを参照。

申込方法: 保護者がチケット購入時に小学生以下の子供の人数を伝える

鳴門海峡の渦潮について

 大阪湾側から進んだ潮波が鳴門海峡に達し満潮になったとき、鳴門海峡方面へ進んだ潮は満潮を過ぎ干潮になる。この時の播磨灘側(満潮)と紀伊水道側(干潮)で海面の落差(段差)ができる。海面の高い播磨灘から海面の低い紀伊水道へ一気に海水が流れ込み、海底の地形などの条件が揃って「うず潮」が発生する。海面の落差は、大潮の時では約2㍍にも達する。鳴門海峡のうず潮は、潮流時速20㌔、渦の大きさが30㍍に達することから、「世界一のうず潮」と言われている。

渦潮世界遺産登録推進運動について

 現在、兵庫、徳島両県の関係団体などでつくる「世界遺産登録推進協議会」が、自然遺産もしくは文化遺産での登録を視野にいれており、兵庫県が自然面、徳島県が文化面を担当している。自然面を担当する兵庫県では2017年度から2019年度までの3年間で渦潮を科学的に調査することになり、鳴門海峡での現地調査もスタートしている。鳴門海峡の渦潮を学術的な側面から分析することによって、世界遺産にふさわしい現象だと証明することが可能になり世界遺産へ向けた大きな一歩となることが期待されている。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温12℃

    最低気温2℃

  • 秋田(秋田県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温14℃

    最低気温5℃

  • 金沢(石川県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温19℃

    最低気温8℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温20℃

    最低気温15℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温15℃

    最低気温1℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温18℃

    最低気温11℃

  • 松江(島根県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温18℃

    最低気温6℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温18℃

    最低気温13℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温18℃

    最低気温1℃

  • 石垣島(沖縄県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温28℃

    最低気温23℃