test

中間層1600万世帯まで、7月1日から全土拡大(中国人個人観光ビザ)

2010年6月1日
編集部

 外務省は5月18日、訪日中国人個人観光ビザの発給要件を、7月1日から大幅に緩和すると発表した。

 現在の発給対象者は、年収25万元以上(約340万円)の約160万世帯の富裕層に限定されているが、7月1日からは政府機関や企業の中堅幹部など「一定の職業上の地位と経済力を持つ」約1600万世帯の中間層まで対象を広げる方針だ。

 個人観光ビザの受付申請は現在、北京、上海、広州の3公館のみで行っているが、瀋陽、大連、青島、重慶を加えた中国全土7カ所に拡大する。さらに、取扱旅行社も現行の48社から290社に拡大する。

 岡田克也外務大臣は同日に開いた会見で、「今回の要件緩和により、観光分野における日中間の人的交流が一層活発化することを期待する」と語った。また、ビザ発給は世帯主だけでなく、妻や子供も対象となるため、10倍を超える大幅な申請の増加も見込まれる。

 中国人の訪日観光は2000年9月に団体観光ビザの発給によってスタートした。09年7月からは、一定の条件を満たす個人観光客を対象にビザを発給してきた。発給数は昨年末までの半年間で7688件。

〈中国の外資規制「粘り強く協議」―溝畑長官〉  観光庁の溝畑宏長官は5月27日、外務省が7月1日から訪日中国人個人観光ビザの発給要件の大幅緩和を発表したことを受けて、「中国人の訪日旅行への機運の高まりにつながる」と歓迎。約1600万世帯といわれる中間層にまで対象が拡大することについて、「課題解決に調整していただいた関係省庁に感謝している」と語った。

 また、日本の指定旅行会社に条件づけられている帰国確認時の空港での見送り業務の緩和についても、関係省庁との間で協議していると報告。

 懸案となっている中国がアウトバウンド業務で外資系企業の参入を規制し、日本の旅行会社が参入できない状況に関しては、「中国からのインバウンド拡大には、個人観光ビザの要件緩和と併せて、質の高い旅を提供できる日系旅行会社の参入は不可欠。6月末にも訪中し、粘り強く協議していきたい」と語った。

いいね・フォローして最新記事をチェック

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温7℃

    最低気温---

  • 秋田(秋田県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温11℃

    最低気温4℃

  • 金沢(石川県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温17℃

    最低気温9℃

  • 八丈島(東京都)

    曇り

    曇り

    最高気温21℃

    最低気温16℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温13℃

    最低気温4℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温18℃

    最低気温11℃

  • 松江(島根県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温16℃

    最低気温8℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温18℃

    最低気温14℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温19℃

    最低気温4℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇り

    曇り

    最高気温27℃

    最低気温22℃