test

別館リニューアル開業 創業60周年で感謝の夕べ(ホテル葛城)

2018年4月10日
編集部

2018年4月10日(火) 配信

ラグジュアリーがテーマの客室

 今年3月に創業60周年を迎えた愛媛県松山市の道後温泉のホテル葛城(大木正治社長)は3月16日、運営する「道後の宿 葛城」別館の改装を終え、「ホテル葛城SpaResort道後」としてリニューアルオープンさせた。

 改正耐震改修促進法への対応で、現在進めている本館の建て替え工事に伴うもの。本館は来年秋を目途に、「琴の庭」として新築オープンさせる。

 別館リニューアルでは、客室や廊下など大部分について約2億円を投じて改修。地元砥部焼女性グループ「とべりて」とコラボし、各階のルームプレートに陶板を配するなど、女性に好まれる和の雰囲気に仕上げた。書籍やパソコンを備える「ライブラリラウンジ」も新設し、コーヒーとともに寛ぎの時間を演出する。

 客室フロアは各階でテーマを設け、上階の5、6階は“ラグジュアリー”。上質な家具を配し、華やかで温かみのある空間。

 また、大きな特徴として、災害時にも安心して過ごせる「フェーズフリー」の視点を取り入れ、4階の一角に、災害時用の水や食料、日常用品などを備蓄する倉庫を新設。これにより、「いつも」の心地良さと、「もしも」の安心感を提供するという。

感謝の夕べであいさつする大木正治社長

 3月20日には、リニューアル内見会と創業60周年感謝の夕べが行われ、取引業者や旅行会社、地元関係者など約160人が出席した。

 感謝の夕べ冒頭、大木社長は「160人を超える人々にお集まりいただいたことに何より感謝したい」と謝辞を述べた。そのうえで「12年間務めさせていただいた旅館組合理事長時代から絶えず道後温泉の将来のかたちを考えてきた。他館の建て替え工事など道後温泉が新しく変わろうとする息吹のなかで、我われも別館リニューアル、そして来秋の本館オープンと新しい出発となる。引き続きのご支援をお願いしたい」と述べた。

 続いて、建設会社や取引業者に感謝状が大木社長から手渡された。

 来賓の全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会の多田計介会長は「大木さんは旅館の存在意義を社会に発信している。全旅連会長として私も同調して努力していくが、その支えの1人は大木さんだ」と称えた。

 

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温20℃

    最低気温12℃

  • 秋田(秋田県)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温24℃

    最低気温16℃

  • 金沢(石川県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温26℃

    最低気温21℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温27℃

    最低気温24℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温25℃

    最低気温15℃

  • 神戸(兵庫県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温28℃

    最低気温24℃

  • 松江(島根県)

    晴時々雨

    晴時々雨

    最高気温27℃

    最低気温21℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴時々雨

    晴時々雨

    最高気温29℃

    最低気温24℃

  • 高千穂(宮崎県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温29℃

    最低気温21℃

  • 石垣島(沖縄県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温32℃

    最低気温27℃