日本航空(JAL)の大西賢会長が登壇 防災ツーリズム関連商品を説明(インバウンドマーケットEXPO2018)

2018年2月21日
編集部:謝 谷楓

2018年2月21日(水) 配信

日本航空の大西賢会長が、インバウンドマーケットEXPO2018でセミナーを行った。テーマはインバウンドによる地域活性化。6月から売り出す「防災ツーリズム」関連商品を中心に説明した

日本航空(JAL)の大西賢会長は2月21日(水)、インバウンドマーケットEXPO2018で行われたセミナーに登壇。「インバウンドによる地域活性化と日本航空の取り組み」と題し、6月から売り出す「防災ツーリズム」関連商品を中心に説明した。

 「防災ツーリズム」関連の旅行商品は、6月ごろに売り出される予定。JTBなど旅行会社数社と提携した取り組みになる。参加者は東北6県を周遊しながら、防災に関する知見を深めることが可能だ。主なターゲットは、インドネシアとフィリピン、台湾、タイの4カ国・地域。日本への関心とリピート率、災害に対する意識の高さをもとに選択した。長期滞在させる工夫など、富裕層の取り込みにも力を入れる方針だ。

 「東北6県の皆様の声を集約した結果、東北ならではの新しい発想が必要との結論に至り、防災ツーリズムが生まれた。震災のメカニズムを理解・学習することで、災害時の被害軽減を目指していきたい。被災地での滞在時間を増やすなど、東北6県の各エリアでプログラムを組むことで、ローカルエリアでの消費額増加も果たしていく」(大西会長)。

力強い語り口が印象的だった大西会長

 6県への誘客を実現するために、「光る観光素材」と「ターゲティング」「人材」の3点にフォーカスした今回の取り組み。被災地だからこそ得ることのできた防災に関する知見=「光る観光素材」を軸に、日本や防災に関連の深い上記4カ国・地域の観光客を「ターゲット」に据えた。「人材」面では、東北大学災害科学国際研究所や、現地宿泊施設(南三陸ホテル観洋)との連携強化に注力。地域に根付いた旅行商品に仕上げた。

 売り出す予定の「防災ツーリズム」関連商品では、長期滞在を実現するために、6県の各エリアを周遊するプログラムを用意している。その理由について大西会長は、「旅行消費の単価をアップするためには、長期滞在する旅行者を増やす必要がある」と強調。米国と比べ、日本は1日当たりの旅行消費額が多いにもかかわらず、1人当たりの消費額では米国に差をつけられていることに触れ、滞在日数の増加によって課題を解決するべきとの見解を示した。

 なお、「インバウンドマーケットEXPO2018」(事務局= 日本能率協会 産業振興センター内)は2月23日(金)まで開催している。詳細は下記公式ホームページから確認できる。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇り

    曇り

    最高気温17℃

    最低気温7℃

  • 秋田(秋田県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温30℃

    最低気温14℃

  • 金沢(石川県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温32℃

    最低気温21℃

  • 八丈島(東京都)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温26℃

    最低気温22℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温28℃

    最低気温16℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温29℃

    最低気温23℃

  • 松江(島根県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温33℃

    最低気温22℃

  • 室戸岬(高知県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温26℃

    最低気温22℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温28℃

    最低気温17℃

  • 石垣島(沖縄県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温32℃

    最低気温27℃