test

エースJTB18年度の商品概要発表、新ブランドでニーズに対応

2018年2月7日
編集部:平綿 裕一

2018年2月7日(水) 配信 

17年販売見込みを発表する大谷社長

 

JTB国内旅行企画(大谷恭久社長)は1月17日に、エースJTBの2018年度の商品説明や概要を発表した。目玉は新ブランドの〝ダイナミックJTB〟。旅行形態変化が著しいなか、顧客ニーズに対応していく。エースJTBの販売目標は年間3100億円(前年比3・1%増)に据えた。

 18年上期の注目方面は「日本の旬 瀬戸内、山陰」の広島、岡山、鳥取、島根、山口の5県。例えば瀬戸大橋30周年を記念して、橋のてっぺんに登る登頂ツアーを実施する。下期は北関東3県の栃木、群馬、茨城で展開していく。

 JTBの強みであるテーマパークも力を入れていく。独自のサービスとして、開園前や、閉園後に入場できるプランを用意。レゴランド®・ジャパン・ホテルの4月28日の開業に先駆け、4月1日からの宿泊もできるようにした。

 新ブランドのダイナミックJTBは、既存の価格変動型プランを拡充した。これまでは造成担当者が間際対策として廉価商品の提供が軸だった。今後は登録施設らが需給バランスを考慮し、価格変更できる。自動的にツアープラン全体の価格が変わるようにした。

 最新価格を追求するために、紙のパンフレットは作らない。オンラインの普及に合わせ、Web中心で販売していく考え。エースJTBは店舗販売が主流だったが、取りこぼしてきたWebからの集客を狙う。ただコールセンターや店舗販売も行い、コンサルティング面などの強みは残しておく。

 さらに宿泊施設側のプランを導入することで、4月末の販売分からは4~5倍ほどのプラン数となる。高付加価値商品も展開し、多様化するニーズに応えていく方向だ。

 なお、エースJTBの17年年間販売額見込みは3010億円(同0・1%増)。自然災害などが多発したが、新たな寝台・観光列車の登場や新商品開発で微増の見通し。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇り

    曇り

    最高気温16℃

    最低気温12℃

  • 秋田(秋田県)

    曇り

    曇り

    最高気温21℃

    最低気温15℃

  • 金沢(石川県)

    曇り

    曇り

    最高気温24℃

    最低気温18℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---

  • 河口湖(山梨県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温15℃

    最低気温13℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温25℃

    最低気温20℃

  • 松江(島根県)

    曇り

    曇り

    最高気温23℃

    最低気温20℃

  • 室戸岬(高知県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温---

    最低気温---

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温25℃

    最低気温15℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温---

    最低気温---