No.475 47都道府県の観光関連予算を調査 宿泊者数・消費額とのバランス探る

2017年10月21日
編集部

2017年10月24日(火) 配信

【お詫びと訂正】

1689号(2017年10月21日付号)1面特集掲載の表「17年度一般会計予算(総額に対する予算の割合)」の一部に間違いがありました。以下URLに正しい表を掲載いたしました。

本紙1690号(11月1日付発行号)にも掲載いたします。

 

 旅行新聞新社はこのほど、47都道府県の「2017年度観光関連予算」(「予算」)と「17年度一般会計予算総額に対する予算の割合」(「予算の割合」)を独自に調査した。観光予算と消費額・宿泊者数の関連はどのようになっているのか?費用対効果の一例を示すために、16年(1―12月)の宿泊旅行統計調査より、日帰り旅行を除いた国内旅行消費額(「消費額」)と延べ宿泊者数(「宿泊者数」)をピックアップし、比較した。なお、「予算」と「予算の割合」をもとにした順位づけは行っていない。

【編集部】

17年度観光予算合計は852憶円 一般会計における平均比率0.204%

 本紙の調べによると、2017年度、各都道府県の観光関連予算合計は851億6417万円。前年度と比較して約20%の200億円ほど減少した。各都道府県の平均は18億1200万円で、こちらも前年の22億4919万円を2割下回った。今回、16年の宿泊旅行統計調査(※1・2)における、国内旅行消費額(「消費額」)と延べ宿泊者数(「宿泊者数」)もピックアップ。各地域の「予算」、一般会計に対する予算の割合(「予算の割合」)と比較することで、観光関係にかけた費用と、観光の収益のバランスを視覚化した。「各地域はどれだけ観光に予算をかけ、どのくらい観光で収益を得ているのか」参考としてほしい。なお観光関連予算は、各都道府県の観光課に直接ヒアリングした、本紙独自の調査によるもので、国内旅行消費額は日帰り旅行を除いた数値である。…

※ 詳細は本紙1689号または10月26日以降日経テレコン21でお読みいただけます。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇り

    曇り

    最高気温-5℃

    最低気温-9℃

  • 秋田(秋田県)

    暴風雪

    暴風雪

    最高気温-1℃

    最低気温-7℃

  • 金沢(石川県)

    暴風雪

    暴風雪

    最高気温1℃

    最低気温-4℃

  • 八丈島(東京都)

    曇り

    曇り

    最高気温6℃

    最低気温3℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温-2℃

    最低気温-13℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温3℃

    最低気温-2℃

  • 松江(島根県)

    雪

    最高気温2℃

    最低気温-4℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温4℃

    最低気温-3℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温2℃

    最低気温-5℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇り

    曇り

    最高気温22℃

    最低気温17℃