「瑞風」車両を公開、“美しい日本をホテルが走る”(JR西日本)

鮮やかなダークグリーンの外観

 JR西日本は6月17日から運行を開始する豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の車両を報道陣に公開した。2月23日に網干総合車両所宮原支所(大阪市淀川区)で開かれた披露式典には、同社の来島達夫社長や車両デザインを統括した浦一也氏、エクステリアを監修した福田哲夫氏が登壇。瑞風アンバサダーの葉加瀬太郎氏も登場し、作曲したテーマ曲を初披露した。

 来島社長は「瑞風のコンセプトである“美しい日本をホテルが走る”にふさわしい車両ができ上がった。地域の皆様とともに、山陰・山陽の自然や文化、食といった魅力を発信し、鉄道の旅を通して新しい価値を提供していきたい」とあいさつした。

 デザインを統括した浦氏は「外観は鮮やかなダークグリーンで、ちょっと懐かしさを感じるデザインに仕上げたほか、車両全体を通したデザインには、昭和初期にも通じるアール・デコを取り入れた」と解説した。

葉加瀬氏がテーマ曲を披露

 また、葉加瀬氏は「瑞風~MIZUKAZE」と名付けたテーマ曲について「昨年末に奥出雲、萩、尾道、倉敷と旅をし、音のスケッチを描いて今年1月に完成させた。乗客やクルーなど、すべての方々に末永く可愛がっていただければ」と思いを語った。

 「瑞風」は10両編成で運行。注目は1車両すべてを使った「ザ・スイート」。1両1室の構成は世界的にも珍しく、バスタブ付きのバスルームを備えるなど、広さだけでなく随所にこだわりをみせている。

 ツインとシングルの各客室には天然木を多用。先頭と最後尾に備えた開放感あふれる展望車は、デッキに出ることが可能なほか、運転席の視点と同じ高さから眺望が楽しめる特別シートも用意する。ラウンジカーには茶の卓やバーも備える。

ザ・スイート寝室
ロイヤルツイン

 このほか、車内を彩る調度品として、焼物などの工芸品や西洋のアンティークを随所に配置するなど「瑞風ならではのものを満載した」(浦氏)という。車両を見学した葉加瀬氏も「こんなにも素敵な空間が山陰・山陽を走るのかと感動した」とその魅力を語った。

 瑞風は、山陰・山陽を巡る1泊2日の片道4コースと、2泊3日の周遊1コースの全5コースを設定。料金は6―9月出発の1期分の場合、ロイヤルツイン(2人利用)1泊2日で1人27万円から。1期分はすでに販売終了済み。10―11月の2期分は4月1日から受け付け開始予定。

いいね・フォローして最新記事をチェック

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温---

    最低気温-6℃

  • 秋田(秋田県)

    雪のち曇

    雪のち曇

    最高気温5℃

    最低気温---

  • 金沢(石川県)

    晴時々雨

    晴時々雨

    最高気温8℃

    最低気温4℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温15℃

    最低気温11℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温8℃

    最低気温-2℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温11℃

    最低気温6℃

  • 松江(島根県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温13℃

    最低気温6℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温13℃

    最低気温7℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温14℃

    最低気温-1℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温25℃

    最低気温21℃